スーパーGT 第6戦:SUGO

次期GT500車両はどんなものに? DTMとの協調路線は既に終了……しかし開発自由度よりも安全&環境&コストを重視

2024年から技術規則が変更される予定のスーパーGT。次世代車両の展望について、GTアソシエイションの坂東正明代表が語った。

GT500 Start action

 スーパーGTでは2020年より、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)との統一技術規則である“Class1”が導入され、同年のGT500クラスではトヨタ陣営がGRスープラ、ホンダ陣営がFR化したNSX-GTを投入、ニッサン陣営も同規則に準拠したGT-Rを持ち込み、2022年からZにスイッチした。

 現行の車両規則は2023年まで継続となるが、2024年に予定される新規則導入に関して、スーパーGTをプロモートするGTアソシエイション(GTA)の坂東正明代表が口を開いた。

 DTMとの統一規則という形でスタートした現行規則だが、DTMは既にGT3車両による選手権に姿を変えており、スーパーGTとの協調路線は事実上終了したと言える。そのためスーパーGTとしては今後、より自由度の高い独自の規則を導入することもできるのだが、その点についてGTA定例記者会見で質問された坂東代表は次のように答えた。

「Class1はDTMと共に作った安全規定ですが、先日(第2戦富士)3号車がクラッシュで大きなGを受けながらドライバーの高星(明誠)選手が無事だったことを考えても、私はあのモノコックを維持したいと考えています」

#3 CRAFTSPORTS MOTUL Z

#3 CRAFTSPORTS MOTUL Z

Photo by: Masahide Kamio

「そういった安全を維持した上で自由度を持たせるという分には良いと思っています」

 そう語った坂東代表だが、現在開発が厳しく制限されている空力分野などで自由度を持たせて過度の開発競争を誘発することは避けたいと考えている。坂東代表は、現在力を入れている環境対策やコスト削減を念頭に置いた上で規則を策定していきたいとの意向を示した。

#8 ARTA NSX-GT

#8 ARTA NSX-GT

Photo by: Masahide Kamio

「お客様が見て『変わったな』と分かる部分であればやっていいと思います。ただ、見えない部分までどれだけお金をかけるんだ、という話です」

「しっかりと環境対策をしたり、お客様が見て分かる部分(の開発)はやっていくけども、それ以上の過度な空力開発をやって何になるんだと考えているので、(過度な空力開発は)やらせないような形になると思います」

「Class1規則に関しても、もっとコストを削減しないといけないという話がありました。そして今はさらなる速さを求めている訳ではない(※環境対策のため、GTAは今後より長持ちするタイヤ、より燃費の良い車両を作るよう各メーカーに求めている)のに、なぜ空力だけ(多大なコストをかけて)過度に速さを求めていかないといけないのかという部分があるので、空力開発はある一定の範囲でやっていただきたいと思っています」

 
 
Read Also:

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 【動画】「マジで、ヤバイね」F1王者マックス・フェルスタッペンが新型シビック TYPE Rで爆走! 
次の記事 apr31号車、2023年に新型車両へ。ヒントは『トヨタのハイブリッド』……86でもスープラでもプリウスでもない!?

Top Comments

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本