スーパーGT 第6戦:SUGO

「人間だからミスはある」PPタイム抹消の憂き目も気持ちを切り替え、最後尾からポイント持ち帰った高木真一

スーパーGT第6戦SUGOで9位に入った96号車K-tunes RC F GT3の高木真一は、ポールポジションタイムを抹消された予選を経て、チームと共にポイントを獲るという目標を達成できたことを喜んだ。

#96 K-tunes RC F GT3

 スーパーGT第6戦SUGOのGT300クラスで、96号車K-tunes RC F GT3は9位に入った。96号車にとっては、まさに激動のレースウィークとなった。

 96号車は予選Q2で高木真一がトップタイムをマーク。高木個人としてもチームとしても久々のポールポジションを手にしたかに思われたが、サクセスウエイトが不足していたため車検不合格となり、全タイムを削除されてしまった。

Shinichi Takagi, Morio Natta, Masahiko Kageyama, #96 K-tunes RC F GT3

Shinichi Takagi, Morio Natta, Masahiko Kageyama, #96 K-tunes RC F GT3

Photo by: Masahide Kamio

 これはチームが一度降ろしたサクセスウエイトの一部を再搭載できていなかったというミスによるものだったが、ポール取消の報を予選日夜にサーキットで聞いたという高木は「人間だからそういうミスはあるし、それを言ったら僕もミスだらけでクルマいっぱい壊しちゃってるから」と笑顔を見せていた。

 最後尾スタートとなった決勝でポイントを獲得することを目標にレースに臨んだK-tunesは、ピットレーンスタートを選択。そこでタイヤを交換してからコースに出ていった96号車の新田守男だったが、すぐにセーフティカーが出たことで隊列のすぐ後ろにつけることができた。

 その後15周ほどで雨が降ってきたため、多くのマシンがピットインしてウエットタイヤに交換した。そんな中でチームは新田をドライタイヤでステイアウトさせ、25周で高木に交代してウエットタイヤに交換、残るレースを高木に走らせる戦略を採った。

#96 K-tunes RC F GT3

#96 K-tunes RC F GT3

Photo by: Masahide Kamio

 この戦略、そして96号車本来のポテンシャルも相まって、ポイント圏内の9位でフィニッシュした96号車。もちろん彼らにとっては理想的なレースウィークではなかっただろうが、ミスによって悔しい思いをしたチームもこのリザルトで報われたはずだと高木は語る。

 96号車は今季、毎戦のように上位グリッドにつけるなど、特に予選で安定感を見せている。これについて高木は「なんでだろうね?(笑)」とおどけると、「新田さんが良いタイヤを開発してくれていて、それ(方向性)が固まってきているからという面もあると思います。僕は美味しいとこ取りというか、開発が良い方向に進んでいる時に乗らせてもらっています」と謙遜した。

「残り2戦しっかり上位で終わりたい」と語る高木。今季の残りレースで彼らが、観る者を驚かせるパフォーマンスを再び見せても何らおかしくない。

 
 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 今週末最速の1台だった? 36号車au TOM'Sの坪井翔が語る「非常にもどかしい」第6戦SUGO
次の記事 ひとつの判断ミスが明暗分ける。23号車のクインタレッリ、僚機と異なるピット戦略で逃した勝利に「レース人生で一番悔しい2位」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本