スバルR&D SPORT、2019年も井口卓人&山内英輝のコンビを継続

シェア
コメント
スバルR&D SPORT、2019年も井口卓人&山内英輝のコンビを継続
執筆:
2019/02/13 8:07

R&D SPORTとともにスーパーGT(GT300クラス)に参戦しているスバルが2019年体制を発表した。

 スーパーGT(GT300クラス)に参戦するスバルは2019年のドライバー体制を発表。R&D SPORTとともに今季も井口卓人と山内英輝のコンビでシリーズチャンピオンを目指す。

 昨年は第6戦SUGOで勝利を挙げるも、それ以外のレースではトラブルが相次ぎリタイヤが多いシーズンとなってしまったスバル。今季に関しては1月に行われた東京オートサロンで参戦表明はしていたものの、ドライバーラインアップなど詳細な体制は明らかにされていなかった。

 2月13日に発表されたスバルの2019年モータースポーツ活動計画によると、STIの渋谷真プロジェクトゼネラルマネージャーがチーム総監督を務め、チーム運営は引き続きR&D SPORTが担当する。

 マシンは昨年同様にBRZ GT300を使用。心臓部となる水平対向ボクサーエンジンの耐久信頼性や燃料効率の改善を図り、シャシー側では空力特性の最適化、タイヤ接地効率向上を主な改良点のテーマに掲げている。

 ドライバーはコンビ5年目を迎える井口卓人と山内英輝。また彼らは6月に行われるニュルブルクリンク24時間レースにもSUBARU WRX STIで参戦することが同時に発表された。

次の記事
新・永遠のライバル対決、車両が決定。本山哲がXANAVI GT-R駆る

前の記事

新・永遠のライバル対決、車両が決定。本山哲がXANAVI GT-R駆る

次の記事

D’station RacingがAMRと契約! 新型ヴァンテージGT3で参戦を表明

D’station RacingがAMRと契約! 新型ヴァンテージGT3で参戦を表明
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
ドライバー 山内 英輝 , 井口 卓人
執筆者 吉田知弘