バトン、スーパーGT初ポールに笑顔「クルマもタイヤもうまく機能した」

シェア
コメント
バトン、スーパーGT初ポールに笑顔「クルマもタイヤもうまく機能した」
執筆: 吉田知弘
2018/09/15 13:09

2018スーパーGT第6戦SUGO。GT500クラスでポールポジションを獲得した#100 RAYBRIG NSX-GTのジェンソン・バトンにとっては、このカテゴリーで初のポールポジションとなった。

 スポーツランドSUGOで行われている2018スーパーGT第6戦。GT500クラスの公式予選は#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が今季初ポールポジションを獲得した。その中でも、今季からGT500に参戦しているバトンにとっては嬉しい初ポールで、セッション後も興奮した様子だった。

 朝から不安定な天候だったが、ドライコンディションで行われた公式予選。#100 RAYBRIG NSX-GTはバトンがQ1を担当したが、事前にドライの新品タイヤで走れておらず、彼にとってはぶっつけ本番の予選アタックとなった。

 途中、赤旗中断などハプニングはあったが、最後の最後に1分11秒321をマークし、3番手でQ1を突破。これには周囲も驚いた様子だった。

 続くQ2では、山本がアタックを担当し、1分10秒248をマーク。従来のコースレコードを0.3秒近く上回る速さをみせ、チームとしては今季初のポールポジションを獲得した。

 予選を終えたバトンは、スーパーGTでの初ポールポジションに満面の笑み。彼自身としては2012年のF1ベルギーGP以来、約6年ぶりのポールポジションだったという。

「ポールポジションが獲得できて、本当に嬉しい。僕個人として最後にポールをとったのは2012年のスパ(F1ベルギーGP)だった。すごく昔のことで……あれから6年経った」

「今朝はウエットコンディションでの走行がメインで、ドライの新品タイヤでのアタックをやらないまま予選を迎えた。新品タイヤを試したことがないまま予選を行うという経験はほとんどなかったからプレッシャーはあったけど、クルマもタイヤもうまく機能してくれて、3番手でQ1通過を果たせた」

「Q2ではナオキ(山本)が素晴らしい走りをしてくれて感謝している。僕たちだけでなく、チームやホンダをはじめ、関係者みんなに感謝したい」

 また、Q2を担当した山本はバトンのQ1アタックが刺激になったと語った。

「ポールポジションを獲得できて素直に嬉しいです。まずは何と言ってもバトン選手がドライの新品タイヤでアタックシミュレーションをしていなかった中で、見事Q1を突破してくれたのが本当に大きかったです」

「ただ、バトン選手のQ1の突破の仕方が良くも悪くも自分にプレッシャーになって、3番手以上をとらないとカッコつかないので……プレッシャーはありました。本当に彼がいいアタックをしてくれたおかげで、午前中のデータと重ね合わせることができて、僕もいいアタックができたと思います」

 今回、#100 RAYBRIG NSX-GTは80kgのウエイトハンデに加え、直前のBoP調整でNSX-GT勢が最低重量が10kgプラスされている。他にウエイトハンデが軽いマシンも多かった中で、山本は今回のポールポジションは難しいと考えていたという。

「正直、ポールポジションを獲得できると思っていませんでした。というのも、僕たちの調子がどうというよりも、僕たちよりも(ウエイトハンデが)軽いクルマがいたので、順当にいけば彼らが上位にくるだろうなと思っていました。それに僕たちがQ2に通れるかどうかというのを考えている状態でした」

「その中で、JBと僕がうまく機能するために考えてくれたホンダの作戦だったりとか、周りの人たちの協力や色んな努力があって、今回ポールポジションを獲得できたのかなと思うと、すごく感慨深いですし、感謝したいです」

 一方、バトンは「山本なら今回のウエイトハンデでもポールを獲ってくれると思っていた!」と回答。クルマとサーキットの相性の良さがプラスに働いたのではないかと語った。

「正気、ウエイトが重くなると必ず苦戦するということはないと思う。実際に第5戦富士でもウエイトをたくさん積んだ1号車が優勝争いをしていた。だから、そのクルマとサーキットとの相性で速さを発揮できる部分もあると思う」

「今回は予選ということで1ラップ勝負だったけど、レースになると流れは変わってくると思う。この調子を維持できるように頑張りたい」

次の スーパーGT ニュース
SUGOが“スゴーく”好きな山内英輝「自信持って走れた、PPは本当に嬉しい」

前の記事

SUGOが“スゴーく”好きな山内英輝「自信持って走れた、PPは本当に嬉しい」

次の記事

佐々木大樹、0.03秒差でポール逃す「気持ちの部分で足りなかった」

佐々木大樹、0.03秒差でポール逃す「気持ちの部分で足りなかった」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第6戦SUGO
ドライバー ジェンソン バトン 発売中 , 山本 尚貴
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース