チームでベストを尽くした7位。クインタレッリ「残り2戦、連勝を狙う」

シェア
コメント
チームでベストを尽くした7位。クインタレッリ「残り2戦、連勝を狙う」
執筆: 松本 和己
2018/09/17 9:57

スーパーGT第6戦SUGOで7位となった#23 MOTUL AUTECH GT-R。ロニー・クインタレッリは、チームとしてベストを尽くした結果だったと語った。

 スポーツランドSUGOで開催されたスーパーGT第6戦。予選12番手からスタートし、7位でフィニッシュした#23 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリは、チームとしてベストを尽くしたリザルトだったと話した。

 前戦富士500マイルレースでは、予選で驚異の速さを見せた23号車。しかし決勝ではタイヤの摩耗に苦しんだため、9位と厳しい結果に終わった。

 その後、SUGOとオートポリスでのタイヤメーカーテストを経て、今週末のレースを迎えた。チームは富士での結果を踏まえてタイヤを持ち込んだが、ドライコンディションでは想定外のアンダーステアに苦しめられ、予選12番手に終わった。

 しかし決勝では少しずつポジションを上げ、最終的に7位でフィニッシュ。なんとか4ポイントをもぎ取った。

「週末はとにかく一発の早さで苦しんでいたので、予選から考えると、リザルトとしては良かったです。チームとしてベストを出しきったと思います」

 レース後半を担当したクインタレッリは、そう振り返った。

「まだ苦労していた部分もあったんですが、レースは予選よりもうまく行きました」

「チームのエンジニアが頑張ってクルマを乗りやすくしてくれました。タイヤで苦しんでいる部分をセットアップでカバーできたという感じです」

 23号車が7番手を走行していたレース終盤、セーフティカーが出動し前を走るマシンとのギャップが縮まったが、むしろこれは不利に働いてしまったという。

「前にアタックできる感触はゼロでした。セーフティカーが入らなければ、前の2台との差を詰めていけていたのでチャンスがあったと思いますが、セーフティカーでライバルがタイヤをクールダウンさせて、苦しんでいたクルマが復活しました」

「燃料リストリクターの制限があることもあって、最後の4〜5周で抜く力はなかったですね」

 ランキング3位につけていた#100 RAYBRIG NSX-GTが今回のレースを優勝。2位以下に12ポイント差をつけてポイントリーダーに立っている。23号車はランキング6位というポジションこそ変わらなかったものの、トップとの差は12ポイントから22ポイントに広がった。

 今季は残り2戦。タイトル争いに踏みとどまるためには、次戦オートポリスでの好結果が必須だ。クインタレッリは、残りの2戦で連勝を飾るつもりで臨むと意気込んだ。

「オートポリスとツインリンクもてぎは、GT-Rとミシュランにとって得意なサーキットでもあるので、2ラウンドともトップを目指すしかないですね。そのためにこれからしっかりと準備をしたいです」

次の スーパーGT ニュース
34号車NSX、劇的決着で4位獲得も大津弘樹「悔しさしか感じない」

前の記事

34号車NSX、劇的決着で4位獲得も大津弘樹「悔しさしか感じない」

次の記事

高橋国光総監督「山本選手の予選PPで流れを引き寄せられた」

高橋国光総監督「山本選手の予選PPで流れを引き寄せられた」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第6戦SUGO
サブイベント 日曜日 レース
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース