スバルBRZ、ポールポジションから圧勝。終盤の波乱も関係なし

シェア
コメント
スバルBRZ、ポールポジションから圧勝。終盤の波乱も関係なし
執筆: 吉田知弘
2018/09/16 10:04

スーパーGT第6戦SUGOの決勝が行われ、GT300クラスは#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がポール・トゥ・ウィンを飾った。

 2018スーパーGT第6戦SUGOは、#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がポール・トゥ・ウィンで今季初優勝を飾った。

 スタートではポールポジションの#61 SUBARU BRZ R&D SPORTがホールショットを奪う。2番手に#25 HOPPY 86 MCがつけたが、3番手の#9 GULF NAC PORSCHE 911がバックストレートで2番手に浮上した。その後、#25 HOPPY 86 MCはペースが上がらず後続のマシンに次々と抜かれ6番手に後退してしまった。

 昨日の予選同様に、#61 SUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝がライバルを引き離す走りを披露。6周を終えて、早くも6.2秒の差をつけた。

 一方、2番手に上がっていた#9 GULF NAC PORSCHE 911だが、4周目には#10 GAINER TANAX triple a GT-Rが1コーナーでオーバーテイク。さらに13周目のレインボーコーナーで#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSの先行を許し、#9 GULF NAC PORSCHE 911は4番手に後退した。

 リチャード・ライアンがスタートドライバーを担当し順調にペースを上げていた#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSだが、17周目に緊急のピットイン。すぐにコースに戻るが左リヤから白煙を上げ、再びピットイン。またしても不運なトラブルに見舞われる結果となってしまった。

 #61 SUBARU BRZ R&D SPORTは順調に周回を重ね、27周終了時点で後続との差を11秒まで広げた。前半スティントを担当した山内は31周を終えたところでピットインし、井口卓人へ交代。念願の今季初優勝に向け、迅速に作業を終えてコースへ復帰した。

 上位陣は順調にレースを進めるが、後方ではトラブルに見舞われる車両が続出した。37周目、#26 TAISAN R8 FUKUSHIMAの左リヤタイヤがパンクしスローダウン。タイヤ無交換作戦を敢行した#25 HOPPY 86 MCだが、57周目に突然スローダウン。緊急ピットインを余儀なくされた。

 こういった後方での混乱を尻目に#61 SUBARU BRZ R&D SPORTは順調に走行し16秒のリードを築いていたが、チェッカーまで残り12周というところで、#31 TOYOTA PRIUS apr GT(平手晃平)と#96 K-tunes RC F GT3(新田守男)がSPインコーナーで接触。コントロールを乱した平手がそのままタイヤバリアに突っ込んだ。幸いドライバーに怪我はなかったが、マシン回収のためにセーフティカーが導入された。

 トップの#61 SUBARU BRZ R&D SPORTは16秒のリードはゼロに。残り6周で再スタートが切られるが、井口は全く問題なく再スタートを切り、そのまま#10 GAINER TANAX triple a GT-Rの追随を許さずトップでチェッカーを受けた。

 続く3位はフィニッシュライン直前で3台横並びの大接戦。残り6周で11番手からの猛追を見せた#34 Modulo KENWOOD NSX GT3をわずか0.057秒差で抑えた#0 グッドスマイル 初音ミク AMGが表彰台に上がった。5位は34号車と0.008秒差の#88 マネパ ランボルギーニ GT3(平峰一貴/マルコ・マッペリ)となっている。

【リザルト】スーパーGT第6戦SUGO決勝正式結果

次の スーパーGT ニュース
スーパーGT第6戦SUGO決勝速報:RAYBRIG NSX-GTが今季初優勝!

前の記事

スーパーGT第6戦SUGO決勝速報:RAYBRIG NSX-GTが今季初優勝!

次の記事

RAYBRIG NSX-GTが今季初優勝! 残り6周の超スプリントをバトンが凌ぐ

RAYBRIG NSX-GTが今季初優勝! 残り6周の超スプリントをバトンが凌ぐ
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第6戦SUGO
サブイベント 日曜日 レース
執筆者 吉田知弘
記事タイプ レースレポート