スーパーGT 第8戦:もてぎ

ランク3番手から逆転王者目指す17号車Astemo、予選大苦戦の10番手。松下信治「チャンスはあるので諦めない」

17号車Astemo NSX-GTは、スーパーGT最終戦もてぎの予選で苦しみ、Q1敗退。10番グリッドからレースをスタートすることになった。ランキング首位と2番手の日産Z勢は前方のグリッドにいるため、厳しいレースになるだろうと松下は語る。

#17 Astemo NSX-GT

 2022年のスーパーGT最終戦もてぎの予選で、17号車Astemo NSX-GTは10番手に終わった。ランキング3番手につけ、条件次第では自力でのチャンピオン獲得の可能性もある17号車だが、予選では大いに苦労することになった。

 これについて17号車Astemoの松下信治は、タイヤが問題だった可能性があると語った。

 17号車Astemoは、最終戦を迎えた段階でランキング首位の3号車CRAFTSPORTS MOTUL Zから4ポイント差のランキング3番手につけている。優勝すれば20ポイント獲得、2位は15ポイントしか手にできないことを考えれば、17号車Astemoは優勝さえすれば、他車の順位に関係なく自力でタイトルを獲得することができる。

 しかし予選はうまくいかなかった。Q1では松下がドライブを担当したものの、8番手12号車カルソニック IMPUL Zに0.196秒届かず、Q2進出を逃す結果に。決勝では10番グリッドからスタートすることになる。タイトル争いのライバルである3号車CRAFTSPORTSは4番グリッド、12号車カルソニック IMPUL Zは3番グリッド……はるか先である。

 予選での苦労について松下は、次のように語った。

「まだ分析中ですが、バランスとタイヤをマッチさせることができませんでした。タイヤが問題のように見えます」

 松下はそう語った。

「Q1中には温度がどんどん下がりました。それが主な問題だと僕らは考えています。とはいえ明日はまだ10番手からのスタートですし、チャンスがあるので諦めるつもりはありません」

「各車のレースペースはかなり似通っていると思います。何かあれば、チャンスはあると思っています」

 なお今回ポールポジションを獲得したのは、17号車Astemoと同じようにホンダNSX-GTとブリヂストンタイヤの組み合わせである100号車STANLEY NSX-GT。しかし松下曰く、選択したタイヤは100号車STANLEYとは異なるという。

「少しだけ違います。同じタイヤではないです」

「僕らは何かをしなければいけません。それだけは間違いありません」

 チャンピオンを獲得するためには、追い上げるレースを成功させなければいけない。前を行くマシンをオーバーテイクできるかどうかと尋ねられた松下は、次のように語った。

「スタートで何台かオーバーテイクする必要があります。その後は良いペースで走り、良い戦略と良いピットストップを成功させる必要があります。それが目標です」

「でも、差は4ポイントです。4番手か5番手まで上がっても、彼らがすぐ後ろにいるなら、それでは十分とは言えません。厳しいレースになりそうです」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 55号車ARTA、最終戦でその速さを余す所なく発揮。レコード更新の木村偉織「勝ちたいと思う」【スーパーGT最終戦:GT300クラスPP記者会見】
次の記事 「あそこまでフロアが当たるとは」61号車スバル、予選クラッシュで連覇に暗雲。ピットスタートの危機も“1/2抽選”で命拾い

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本