スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
18 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
10 days
R
08 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
31 days
22 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
45 days
11 9月
-
13 9月
Canceled
R
12 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
66 days
R
富士 III
03 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
87 days
R
オートポリス
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
24 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
108 days
R
もてぎ II
07 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
122 days
R
28 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
143 days

笹原右京起用のTEAM MUGEN中野監督「ホンダ全体を底上げするのに必要だった」

シェア
コメント
笹原右京起用のTEAM MUGEN中野監督「ホンダ全体を底上げするのに必要だった」
執筆:
2020/01/10 10:39

笹原右京の起用を決めた、スーパーGTのGT500クラス参戦中のTEAM MUGEN。中野信治監督に、笹原の起用を決めた理由について訊いた。

 東京オートサロン2020の会場で発表された、ホンダ陣営の2020年スーパーGT、GT500クラスのドライバーラインアップ。その中でひときわ注目を集めたのは、武藤英紀のTEAM MUGENのチームメイトとして笹原右京が起用されたということではないだろうか?

Read Also:

 笹原は2016年にSRS-Formulaでスカラシップを獲得。2017年にはFIA F4に参戦してランキング2位になり、2018年には全日本F3を戦った。

 しかし2019年シーズンは”ホンダ陣営”のシートを手にすることができず、ポルシェ・カレラカップ・ジャパンに参戦してチャンピオンを獲得。アジアンF3でもタイトルを獲得することとなった。そして、2020年にはGT500に参戦……これまでスーパーGTに参戦してきたドライバーとは、その経路が大きく異なっていると言ってもいいだろう。

 ではなぜ、TEAM MUGENは笹原の起用を決めたのか? それについてチームの中野信治監督は、次のように語った。

「若く、まだ成長過程にあり、上を目指しているドライバーに入って欲しいというのは、チームとしての希望でした。その中で彼の名前が出てきたのです。彼のことは、私も随分前から知っていましたし、その人間性、ドライビングスタイル、仕事に対する向き合い方もわかっていました。そのスタイルが、このチームに欠けている部分を埋めてくれると思いました」

「彼の走りはすごくアグレッシブだし、負けん気も強い。ドライバーの実力だけで海外のレースを走り続けている数少ない日本人ドライバーでもありますしね。そして走る力だけじゃなく、コミュニケーション力もあって英語も話せる……そういうドライバーは、今の若い日本人の中にはほとんどいないです」

「積極的に物事を動かし、そして引っ張っていくスタイル……”待つ”というスタイルが重宝される日本では、彼は異端な感じがするかもしれません。でも、僕もどちらかといえば少し異端なので、そういう立場から見れば、彼は異端とは映らないし、むしろそうじゃなきゃいけない仕事の仕方をしていると思います」

「TEAM MUGENはスーパーGTでは、苦しいシーズンが続いています。この流れを変えるきっかけを作ってくれる存在になるのではないか、それを期待した上での人選です」

 前述の通り、笹原は2019年シーズンに目覚しい活躍を見せた。しかし中野監督曰く、その成績よりも、彼の”戦い方”を高く評価したという。

「近年出ているレースでの成績も、我々が選ぶ上でのひとつの材料にはなっていると思います。でもそれよりも、彼がどんなアプローチをしているのか、どんな戦い方をしているかという方に興味を持ちました。それが今の我々のチームには必要なことだと感じたんです」

 笹原は一度は”ホンダ育成”を外れた経歴を持つドライバーである。しかし今回の起用に関しては、ホンダも理解し、そして期待していると中野監督は語る。

「TEAM MUGENにとってはもちろんですが、ホンダ陣営全体を底上げする上で必要なドライバーを考えた時に、彼(笹原)の名前が出てきました。そこはホンダさんにも理解していただき、了承していただき、期待もしていただいています。それについては我々としてもプレッシャーを感じますけど、なんとか形にして、選んで良かったと思ってもらえるようにしたいです」

 また笹原は、常に”僕の目標はF1ドライバーになること”だと断言してきた。そんな中でのGT500参戦。彼が今後F1を目指す道は残されているのか?

「可能性なんて無限大です」

 そう中野監督も断言する。

「僕も自分自身で道を切り開いてきました。右京もいろいろなチャレンジをして、人とは違う道を選んで、ここまで進んできた。それは素晴らしいことですし、そういうチャレンジ精神を持っている日本人ドライバーは、少ないと思います。ですから、彼のようなドライバーが日本でレースをしてくれるのは、周りにとっても良い刺激になると思います」

「そして日本に帰ってきたからといって、海外やF1への道が途絶えたわけじゃありません。ここから再び巣立ってくれて良いと思う。その可能性があれば、僕もどんどんサポートしてあげたい。そして彼が結果を残してくれれば、新しい道ができると思う。それが楽しみです」

 新たな体制で2020年シーズンに挑むTEAM MUGEN。中野監督は、昨年よりも少しでも前進すると誓った。

「大きなことを言うつもりはありません。でも、少しずつでも確実に前に進めていきたいと思っています。何年かかるかは分かりませんが、本当に強くなった、無限は最強だ……と思われるようなチームにしたいです。今年もその過程です」

「手を抜くことはもちろんありませんし、昨年よりも良い結果を目指したい。今後に繋げることができるようにしたい。とはいえ足踏みはしたくありませんから、昨年よりも1歩も2歩も進められるよう、チーム一丸となって集中していきたいと思う」

Read Also:

次の記事
【東京オートサロン2020】レーシングカーフォトギャラリー

前の記事

【東京オートサロン2020】レーシングカーフォトギャラリー

次の記事

新投入スープラは“素性が良い”。埼玉トヨペットGBの吉田、シェイクダウンの印象明かす

新投入スープラは“素性が良い”。埼玉トヨペットGBの吉田、シェイクダウンの印象明かす
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , スーパーGT
ドライバー Shinji Nakano , 笹原 右京
チーム team Mugen
執筆者 田中 健一