スーパーGT第3戦鈴鹿決勝(GT300):244号車たかのこの湯スープラ、チーム2年目で初優勝。選手権首位に浮上

スーパーGT第3戦鈴鹿のGT300クラスを制したのは、244号車たかのこの湯 GR Supra GTだった。チームも、そしてふたりのドライバーも、嬉しいスーパーGT初優勝ということになった。

スーパーGT第3戦鈴鹿決勝(GT300):244号車たかのこの湯スープラ、チーム2年目で初優勝。選手権首位に浮上

 2021年スーパーGTシリーズ4戦目となる第3戦の決勝レースが、8月22日に鈴鹿サーキットで行なわれた。GT300クラスは244号車たかのこの湯 GR Supra GT(三宅淳詞/堤優威)が序盤の13周目にトップを奪い、ピット作業後も38周目にタイヤ無交換でトップに立った5号車マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号(平木湧也/平木玲次)を交わして首位に浮上。スーパーGT参戦2年目で初優勝を遂げた。

 決勝前に行われたウォームアップ走行の終盤、名取鉄平がドライブしていた18号車UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/名取鉄平)の右フロントホイールが外れ、130Rでクラッシュして横転。名取は無事だったが車両は大きく壊れ、決勝に出走できなくなった。このアクシデントで決勝の進行が10分遅れることとなった。

 グリッドに全車両が着いた頃は晴れていたが、やがて雲が多く出て曇天に。蒸し暑いコンディションの中、14時48分に決勝がスタートした。

 ポールポジションからスタートした61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)の山内に予選3番手の244号車スープラの三宅が迫り、これに5番手スタートの9号車PACIFIC NAC CARGUY Ferrari(ケイ・コッツォリーノ/横溝直輝)のコッツォリーノが続いた。5号車MC86は無理をせず4番手となった。

 序盤5周目にシケインでクラッシュしたGT500車両があり、これでFCY(フルコースイエロー)が宣言され、さらにセーフティカーが出動となった。

 隊列を組み直して11周完了時点からレースはリスタート。ペースの上がらない61号車BRZに244号車スープラと9号車フェラーリが迫り、ダンロップコーナーからデグナーカーブまでに61号車BRZは3番手に順位を落とした。

 これでトップに立った244号車スープラの三宅は、徐々に2番手との差を広げ独走状態に持ち込んだ。

 16周目からルーティーンのピット作業を始める車両が出始め、21周で61号車BRZと5号車86がピットイン。5号車86はタイヤ無交換でコースへ戻った。そしてトップの244号車スープラは24周でピットインし堤に、9号車フェラーリは27周でピットインし横溝にドライバーを交代した。

 この時点でピット作業を終えた車両の中でトップを走行していたのはタイヤ無交換の5号車86の平木。ここにタイヤを4本交換した244号車スープラが徐々に接近していった。

 34周で全車両がピットインを済ませると、トップの5号車86、244号車スープラに88号車JLOCランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)の小暮も加わり、3台によるトップ争いとなった。

 38周目のデグナーカーブで5号車86がバランスを崩した隙を突いて、244号車スープラが再度トップに。また88号車ランボルギーニも39周目のヘアピンで2番手に順位を上げた。5号車86の平木玲次は既に熱中症を起こしていたようで、43周目のデグナーで単独スピンを喫し、その脇を4号車グッドスマイル初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)の谷口がすり抜けて3番手に浮上した。

 結局244号車スープラが嬉しい初のトップチェッカー。三宅、堤は共にGTレース初優勝で、チームも参戦2年目での初優勝となった。2位は88号車ランボルギーニ、3位は4号車メルセデスだった。

「GTのレースで一番満足できるレースになりました。予選ではシケインでミスをして3番手になってしまったので、スタートで挽回しようと計算しトップで帰ってくることができました」と三宅が答えると、堤も「本当に嬉しいです。フル参戦は今年からで、まさかこんなに早く優勝できるとは思いませんでした。これでポイントリーダーに立ったので、チャンピオンが獲れるように頑張っていきたい」と後半戦を見据えていた。

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】244号車たかのこの湯、鈴鹿を制しGT300ランキング首位に「チームの状態は最高」
前の記事

【スーパーGT】244号車たかのこの湯、鈴鹿を制しGT300ランキング首位に「チームの状態は最高」

次の記事

【スーパーGT】首位走行中の64号車Moduloを襲ったまさかのトラブル……クラッシュ時の火災により車両ダメージも甚大か

【スーパーGT】首位走行中の64号車Moduloを襲ったまさかのトラブル……クラッシュ時の火災により車両ダメージも甚大か
コメントを読み込む