スーパーGT第8戦富士|決勝レポート(GT500):36号車auトムスが優勝! 大逆転で王者に輝く。1号車スタンレーはアクシデントで連覇ならず

スーパーGTの2021年最終戦富士300kmレースは、36号車au TOM'S GR Supraが優勝。ランク首位で最終戦を迎えていた1号車STANLEY NSX-GTが無得点に終わったため、36号車が大逆転でシリーズチャンピオンに輝いた。

スーパーGT第8戦富士|決勝レポート(GT500):36号車auトムスが優勝! 大逆転で王者に輝く。1号車スタンレーはアクシデントで連覇ならず

 スーパーGTシリーズ第8戦(最終戦)の決勝が11月28日に富士スピードウェイで行われ、レース序盤の13周目にトップに立った36号車au TOM’S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)が優勝。逆転でGT500クラスのチャンピオンに輝いた。終盤の50周目まで4番手を走行し、連覇をほぼ手中にしていた1号車STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)は、51周目の1コーナーでGT300車両と接触され、車両にダメージを抱えてピットイン。痛恨のノーポイントに終わり、連覇を逃す結果となった。

Related videos:

 スーパーGTの2021年シーズン最終戦は、決勝日も晴天に恵まれ、3万5,300人のファンがサーキットに詰めかけた。13時6分にスタートした66周のレースは、ポールシッターである14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)の大嶋が逃げ、7周目までに2番手に4.5秒のリードを作った。

 スタートで素晴らしいダッシュを見せたのが36号車スープラの関口。予選3番手の37号車KeePer TOM’S GR Supra(平川亮/サッシャ・フェネストラズ)と予選2番手の1号車NSXをオープニングラップで交わし、2番手に順位を上げた。

 3周目の最終コーナーで、10番手を走行していた12号車カルソニックIMPUL GT-R(平峰一貴/松下信治)の松下のインを、17号車 Astemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)のバゲットが突くも、2台は接触。松下の直前を走行していた19号車WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)の国本も巻き込まれてしまう。さらにそこへ、64号車Modulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)の伊沢も逃げ場をなくして追突。マルチクラッシュが発生してしまった。

 最終戦を迎えた段階でランキング4番手につけていた17号車NSXは、ダメージによりピットイン。ここでタイトル争いから脱落することになった。

 7周目にダンロップコーナーで身動きの取れない車両があり、この排除のためにセーフティカー(SC)が出動すると、隊列が整えられ14号車スープラのマージンは消えることとなった。レースは12周完了時点でリスタートとなったが、14号車スープラにはSC導入前の速さがなく、1コーナーで36号車スープラに、さらにヘアピンで37号車スープラに交わされ3番手に順位を落とした。

 ポイントリーダーの1号車NSXの牧野は、4番手を守り周回を重ねていた。ランキング実質2番手の8号車ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)の福住は5番手を走行しており、これを前に出さない限りタイトル獲得は確実な状態だった。それでも20〜21周目には14号車スープラと抜きつ抜かれつのバトルを演じ、22周と早めにピットインし山本に交代した。8号車NSXもこの周でピットインしたが、左側のドアが外れてしまうというトラブルがありタイムロス。順位を落とすことになった。

 3番手の14号車スープラは23周、トップの36号車スープラは25周、37号車スープラは27周でピットイン。それぞれ山下、坪井、平川に交代した。32周で全車がピット作業を終えると、36号車スープラの坪井に14号車スープラの山下が接近し、3番手は37号車スープラ、4番手が1号車NSXで、8号車NSXは9番手となっていた。

 レースも終盤となった51周目、1コーナーをターンインしていた山本がドライブする1号車NSXに、GT300クラスの車両が激突。ダメージを抱えた1号車NSXはピットインし、そのままガレージに入れられてしまう。後にコースに復帰することになるが、これで大きく順位を落とした。

 1号車が脱落した後、8号車NSXがタイトルを獲得するには3位以上でフィニッシュする必要があった。しかしこの当時は5番手走行中。首位走行中の36号車スープラが、16点差を逆転して戴冠する可能性が高まった。

 そしてレースは66周でチェッカー。36号車はそのまま首位のポジションを守り切り、優勝。それと同時に、大逆転での2021年スーパーGT、GT500クラスのチャンピオン獲得を決めた。

 2位には37号車スープラが入り、TOM’S勢が1-2フィニッシュ。14号車スープラが3位でゴールした。4位は39号車DENSO KOBELCO SARD GT Supra(ヘイキ・コバライネン/中山雄一)、5位は38号車ZENT CERUMO GR Supra(立川祐路/石浦宏明)で、トップ5をスープラが独占。このレースを最後にGT500クラスでの役目を終える日産GT-Rは、23号車MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)の7位が最高位だった。

 
Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】山本尚貴、掴みかけたタイトルをまさかの接触で逃す「どこかで誰かが『牧野と獲れ』と言ってるのかな……」
前の記事

【スーパーGT】山本尚貴、掴みかけたタイトルをまさかの接触で逃す「どこかで誰かが『牧野と獲れ』と言ってるのかな……」

次の記事

【スーパーGT】目標の今季初勝利を達成、シリーズタイトルまでついてきた36号車TOM'S。関口&坪井が秘めた思いを吐露

【スーパーGT】目標の今季初勝利を達成、シリーズタイトルまでついてきた36号車TOM'S。関口&坪井が秘めた思いを吐露
コメントを読み込む