レッドブル無限、ダンロップタイヤへのスイッチを正式発表。GT500参戦体制が明らかに

TEAM Red Bull MUGENが2021年のスーパーGT参戦体制を発表。噂通り、ダンロップタイヤを履くことが正式に公表された。

レッドブル無限、ダンロップタイヤへのスイッチを正式発表。GT500参戦体制が明らかに

 M-TECが、2021年のスーパーGT参戦体制を改めて発表。既に発表されている通りドライバーは笹原右京と大湯都史樹のコンビ。またタイヤは噂されていた通り、ダンロップを使うことが正式に発表された。

 2020年シーズンからレッドブル・ジャパンがタイトルスポンサーとなり、”TEAM Red Bull MUGEN”としてスーパーGTのGT500クラスに参戦してきた同チームには、今季ドライバーとして大湯が加入。チーム監督も田中洋克に変更されるなど、体制を一新して新シーズンに挑む。

 そしてタイヤは、当サイトでも既に報じているように、ダンロップを使うことが遂に明らかになった。これでダンロップタイヤは、NAKAJIMA RACINGも含め2チーム体制ということになる。

 なおこの日の発表に伴い、テスト限定となるマシンカラーリングも公開された。カーボン地のボディに、シルバーでレッドブルのロゴがあしらわれており、シンプルながらも疾走感溢れるデザインとなっている。なお開幕戦では、昨年のモノに似たカラーリングに戻る予定だという。

 昨シーズンは第4戦もてぎで3位表彰台には入ったものの、年間のチームランキングでは13位に終わったTEAM Red Bull MUGEN。今季はどんな活躍を見せるのか、注目が集まる。

Read Also:

シェア
コメント
トムス、スーパーGT&スーパーフォーミュラの2021年カラーリングを発表

前の記事

トムス、スーパーGT&スーパーフォーミュラの2021年カラーリングを発表

次の記事

ROOKIE RacingとNTTコミュニケーションズがパートナー契約を締結。IoT技術の活用を目指す

ROOKIE RacingとNTTコミュニケーションズがパートナー契約を締結。IoT技術の活用を目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
ドライバー 笹原 右京 , 大湯 都史樹
チーム team Mugen