スーパーGT 第5戦:鈴鹿

大津弘樹、スーパーGT初優勝から一気にチャンピオンを目指す「僕らはチャンピオンを獲るためにレースをやっている」|スーパーGT GT500優勝会見

スーパーGTの第5戦鈴鹿450kmレースのGT500クラスを制したのは、16号車ARTA MUGEN NSX-GTだった。大津弘樹はこれがスーパーGT初優勝。ここから一気にチャンピオンを目指したいと語った。

大津弘樹, 福住仁嶺, #16 ARTA MUGEN NSX-GT

 スーパーGTの第5戦が鈴鹿サーキットで行なわれ、GT500クラスは16号車ARTA MUGEN NSX-GTがポールポジションからスタートし、そのまま逃げ切って優勝を果たした。

 16号車ARTAのスタートドライバーを務めた大津弘樹は、先頭のポジションをキープ。FCY(フルコース・イエロー)のタイミングにも助けられ、福住仁嶺にバトンタッチした後も盤石のリードを築いていた。そして福住は後続に約10秒の差をつけてトップチェッカー。今季初優勝を手にした。

 大津としては、今回がGT300クラスも含め、スーパーGTでの初優勝。「ようやく勝つことができた」と喜びを噛み締めた。

「スーパーGTには2018年から参戦し、これまで2位や3位はあったものの、勝つことができていませんでした」

 大津はレース後の会見でそう語った。

「直近3年はGT500クラスに参戦して、2位はあったんですがなかなか上位に絡むことができませんでした。しかし今年からチームを移籍し色々とトラブルや噛み合わないことはあったんですが、今回ようやくみんなの意識やミスしないということなど、全集中して臨むことができました。だからこその結果だと思います」

「スタート直後、タイヤのウォームアップが悪いかもしれないと予測していたんですが、1周目をなんとか抑え切ることができました。2周目以降、タイヤに熱が入った後は後続に対してかなりギャップを築くことができました。そのままのペースで維持していたところでFCYが出て、絶妙なタイミングでピットに入ることができました」

 大津が言う通り、GT300クラスのマシンがストップしたことによってFCYが宣言させる直前にピットに飛び込み、1回目給油義務を消化することができた。これも、勝因のひとつだったと言えよう。ただ、予定よりも給油量が少なかったようで、燃費走行をしなければいけなかった。

「ピットから出た後はマージンもすごくあったんですが、燃料が想定よりも入っていなかったということで、燃費走行をして2周分以上燃料を稼がないとゴールまで辿り着けないという状況でした。でもマージンもありましたし、その貯金を切り崩しながら、後続に14秒差くらいになったところで福住仁嶺選手に交代しました」

「僕がすべきことは、できたかなと思います」

 バトンを引き継いだ福住仁嶺は、大津が築いたギャップがあったため、落ち着いて走ることができたという。

「大津さんとチームと僕とで、良いクルマを仕上げることができました。予選がトップで、レースでもずっと前を走ることができたというのが、大きな勝因だったかなと思います」

 そう福住は語った。

「その後も大津さんの素晴らしい走りとチームワークで、僕が乗った時には15秒のギャップがあり、落ち着いて走ることができました」

「セーフティカーが出なかったというところも、僕らに味方したように思います。まずは16号車の皆さんと大津さんの初優勝に、おめでとうと言いたいです」

 スーパーGTは、今シーズンまだ3レースが残っている。今回勝利したことによって、16号車ARTAにも、チャンピオンの可能性が十分残っている。

「シーズンちょうど折り返しというタイミングで、今回優勝できました。ランキングでも上位に戻ってくることができたと思います。僕らのポテンシャルは、そのくらいのところにはあると思います」

 福住はそう語る。

「マシンが(サクセスウエイトで)重くなった中でどういうパフォーマンスを出せるのか……次のレースまでそんなに時間はないと思うので難しい中ですが、大津選手やチームと共に、チャンピオンを目指して這い上がりたいと思います」

 大湯も、この初優勝を皮切りに、一気にチャンピオンを目指していきたいと語る。

「僕はチャンピオンを獲るためにやっていますし、獲れると思ってます。よりチーム一丸となって、チャンピオン獲得に向けて戦いたいと思います」

 そう大津は言う。

「前半戦を落としてしまったことは、今年発足したばかりのチームなので、仕方のないところもあると思います。でもその一方で、ミスを出し尽くしたようにも思います」

「ミスはつきものですけど、今回の優勝や前回の3位で、どんどん良くなっています。さらに精度を上げていって、さらにタイトルのための戦いも変わってくると思うので、そういうところを意識して後半戦に繋げたいと思います」

 

前の記事 23号車MOTUL AUTECH Z、スキッドブロック規定違反により車検不合格。暫定2位となるも失格に|スーパーGT第5戦鈴鹿
次の記事 18号車UPGARAGE、開幕戦以来の勝利に小林&小出喜び。タイトル争いに向け「できることを最大限やれば、結果は後からついてくる」|GT300優勝会見

最新ニュース

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

F1 F1
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本