スーパーGT 第7戦:オートポリス

16号車ARTAの大津弘樹「抵抗が甘かったかもしれない」と36号車au TOM'Sとのバトルを悔やむ。逆転タイトルの可能性は残すも、最終戦で目指すは”優勝”だけ

16号車ARTA MUGEN NSX-GTの大津弘樹は、スーパーGT第7戦オートバックス450kmレースの決勝で36号車au TOM'S GR Supraにオーバーテイクを許したことについて、「抵抗が足りなかったかもしれない」と振り返った。

#16 ARTA MUGEN NSX-GT

 スーパーGT第7戦オートポリスGT450kmレースを2位でフィニッシュした16号車ARTA MUGEN NSX-GTの大津弘樹は、優勝した36号車au TOM'S GR Supraの宮田莉朋に抜かれたシーンについて、少し隙を見せてしまったと悔やんだ。

 16号車ARTAは、オートポリス戦の決勝レースをポールポジションから、福住仁嶺のドライブでスタートさせた。その後、実質的な首位のポジションをキープしてレースを進め、大津にドライバーを交代。しかし、12番グリッドからスタートした36号車au TOM'Sの猛烈な追い上げに遭い、残り11周というところの第2ヘアピンでオーバイテイクを許してしまった。

 後半のドライブを担当した大津は、終盤ソフトタイヤの性能低下に苦しんだという。

「仁嶺はソフトタイヤを履いてスタートし、第2スティントはハードを履きました。その結果から判断して、僕は最終的にソフトタイヤを履くことを決めました」

 そう大津は語った。

「ソフトタイヤのメリットは、ウォームアップが良いことです。アウトラップではポジションを落としてしまいましたけど、すぐに挽回することができて、その後ギャップも築くことができました」

「終盤になるにつれて、ピックアップや摩耗……熱ダレのような感覚があって、ペースが上がらなくなってしまいました。そんなタイミングで36号車に迫られてしまいました」

 そんな中大津は必死に防戦したが、一瞬の隙を突かれて宮田が駆る36号車au TOM'Sにオーバーテイクを許してしまった。これについては「ブロックが甘かった」と、大津は悔やむ。

「ポジションを守ろうと思って必死にやったんですが、守りきれませんでした、ブロックというか、抵抗が甘かったかもしれません。それが僕の反省点です」

 そう大津は振り返る。

「とにかくポジションを守り切れなかったのが悔しいです」

「イン側にいればよかったかなとは思いますし、少し隙を見せてしまったかなとも思います。それは反省点です」

「危ない距離だとは思っていました。でも今日の僕らのクルマはブレーキングが難しかったので……不意を突かれてしまった感じはありました」

 今回のレースの結果、36号車au TOM'Sがランキング首位に浮上し、7ポイント差で3号車Niterra MOTUL Zが続く形でもてぎでの最終戦に向かうことになる。16号車ARTAは3番手で、逆転タイトルの可能性を残す3台のうちの1台に留まっているが、それでもポイント差は16……かなり厳しい状況に追い込まれた。

 そんな最終戦に向けて大津は、「とにかく勝つことを目指す」と語った。

「僕らのパッケージはすごく良いですし、最近は常に結果も残せています。色々なミスもありましたが、みんなの素晴らしい仕事の結果が実ればいいと思っています」

「とにかく、最終戦は勝つことだけを目指します。今年の集大成として勝つことを目指していった先に、チャンピオンという”オマケ”がついてきたらいいなと思います」

 

前の記事 Q1敗退から優勝。36号車au TOM’Sの宮田莉朋、僚友・坪井翔の“歯がゆさ”胸に「絶対に勝つ気でいた」|スーパーGT第7戦オートポリス
次の記事 昨年ベストリザルトのオートポリスで苦しんだヨコハマ勢。20℃低い想定外の路面温度に手を焼く

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本