スーパーGTとDTMの交流戦、開催1回目の舞台は富士スピードウェイに決定

シェア
コメント
スーパーGTとDTMの交流戦、開催1回目の舞台は富士スピードウェイに決定
2019/03/29 7:20

長く開催が模索されてきたスーパーGTとDTMの交流戦。今年は、DTMの最終戦にGT500マシンが参戦し、11月に富士スピードウェイでもジョイントイベントが行われることになった。

 スーパーGTを運営するGTアソシエイション(GTA)は、今季初開催となるDTMとの交流戦を富士スピードウェイで行うことを公式ホームページで発表した。

 共通レギュレーション”クラス1”規定の下、交流戦の開催を模索して来たスーパーGTとDTM。ついにその開催が決定し、詳細が明らかにされた。

 この交流戦は、今年については日本とヨーロッパの双方で1戦ずつ開催することが見込まれていた。その日本開催は、11月23日(土)と24日(日)の2日間にわたって富士スピードウェイで行われることとなり、大会名は「SUPER GT/DTM特別交流戦」とされた。参加車両やレーススケジュール、レースフォーマットなどは後日発表される予定である。

 また、ドイツのホッケンハイムで行われるDTMの最終戦に、トヨタ、ホンダ、日産各社のGT500マシン1台ずつが参戦することも明らかになっている。

 今回の発表を受け、DTMの運営団体であるITRのゲルハルト・ベルガー会長は、次のようにコメントを発表している。

「スーパーGTとDTMによるジョイントイベント開催に向けて大きな一歩を踏み出したことを嬉しく思っております。これはGTAとITRのパートナーシップにとって画期的な出来事と言えるでしょう。GTAの坂東正明代表ならびに富士スピードウェイの方々のこれまでのご尽力に感謝申し上げます。富士スピードウェイは世界的に知られた最新のサーキットで、SUPERGTとDTMのジョイントイベントにとって、まさにふさわしい舞台です」

 一方、GTAの坂東正明代表も、次のようにコメントを寄せた。

「開催に向けて計画を進めてまいりましたDTMとSUPER GTによるジョイントイベントが、ここにようやく実現の運びとなりました。ベルガーITR会長はじめ、関係各位のご努力に心より感謝いたします。また、本計画に常に前向きに取り組んでいただいた富士スピードウェイの方々にお礼を申し上げるとともに、この記念すべきイベントを共に開催できますことを嬉しく存じます。残念ながら本計画スタート当初メンバーだったメルセデスがDTMシリーズから撤退しましたが、アストンマーティンが新たに参戦を表明し、日独メーカー6社という大枠が維持されることになりましたことはファンの皆様にも朗報と存じます」

次の記事
スーパーGTデビューを飾る阪口晴南「クルマには慣れたけど、混走が難しい……」

前の記事

スーパーGTデビューを飾る阪口晴南「クルマには慣れたけど、混走が難しい……」

次の記事

KeePer TOM’S LC500が新カラーリング発表、平川&キャシディのコンビで王座奪還狙う

KeePer TOM’S LC500が新カラーリング発表、平川&キャシディのコンビで王座奪還狙う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
まずは最新ニュースを読む