スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

SGT×DTM特別交流戦の暫定エントリーリスト発表、合計22台35名が富士に集結

シェア
コメント
SGT×DTM特別交流戦の暫定エントリーリスト発表、合計22台35名が富士に集結
執筆:
2019/11/12 6:44

いよいよ来週に迫った「スーパーGT×DTM特別交流戦」の暫定エントリーリストが公開。スーパーGT15台、DTM7台が富士スピードウェイに集結する。

 11月22日~24日に富士スピードウェイで開催されるスーパーGT×DTM特別交流戦の暫定エントリーリストが発表された。

 スーパーGTとDTMで長年調整してきた共通技術規則「Class1」が完成し、DTMでは今季から新型マシンが導入された。スーパーGT(GT500クラス)では2020年から同規定に準拠したマシンが登場する。それに先立ち、富士スピードウェイで両カテゴリーのマシンが集結して行われる「特別交流戦」が開催される。

 すでにDTM側からエントリーを表明しているアウディとBMWからドライバーラインアップなどは発表されているが、今回の暫定エントリーリストではスーパーGT側のドライバーラインアップも公開された。

 基本的にレギュラーシーズンを戦ったドライバーがそのままエントリーしており、ほとんどのチームが2人体制。ひとりが土曜日の第1レースを戦い、もうひとりが日曜日の第2レースを戦う。ただ、TEAM KUNIMITSUの1号車はジェンソン・バトンがすでに特別交流戦は参加しないことを表明しており、山本尚貴が2レースとも1号車を担当。さらにKEIHIN REAL RACINGの17号車もベルトラン・バケットがインターコチネンタルGTチャレンジのキャラミ9時間耐久レースに参戦予定で、こちらも塚越広大がひとりで2レースをこなすことになる。

 また、DTM勢ではBMW Team RBMからエントリーする小林可夢偉のゼッケンは00番、アレッサンドロ・ザナルディは4番に決定。ブノワ・トレルイエはWRT Hitotsuyama Team Audi Sportからエントリーすることになり、ゼッケンは21番となる。それ以外のドライバーはDTMレギュラーシーズンと同じ体制で臨むことになりそうだ。

【スーパーGT×DTM特別交流戦 暫定エントリーリスト(11月11日時点)】

□=スーパーGT車両、■=DTM車両

第1レース(11月23日)
小林可夢偉(■#00 BMW Team RBM)
山本尚貴(□#1 TEAM KUNIMITSU)
フレデリック・マコヴィッキィ(□#3 NDDP RACING with B-MAX)
アレッサンドロ・ザナルディ(■#4 BMW Team RBM)
山下健太(□#6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S)
伊沢拓也(□#8 ARTA)
マルコ・ヴィットマン(■#11 BMW Team RBM)
佐々木大樹(□#12 TEAM IMPUL)
武藤英紀(□#16 TEAM MUGEN)
塚越広大(□#17 KEIHIN REAL RACING)
坪井翔(□#19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH)
ブノワ・トレルイエ(■#21 WRT Hitotsuyama Team Audi Sport)
ロニー・クインタレッリ(□#23 NISMO)
ヤン・マーデンボロー(□#24 KONDO RACING)
ロイック・デュバル(■#28 Audi Sport Team Phoenix)
レネ・ラスト(■#33 Audi Sport Team Rosberg)
関口雄飛(□#36 LEXUS TEAM au TOM'S)
ニック・キャシディ(□#37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S)
立川祐路(□#38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO)
中山雄一(□#39 LEXUS TEAM SARD)
牧野任祐(□#64 Modulo Nakajima Racing)
マイク・ロッケンフェラー(■#99 Audi Sport Team Abu Sportsline)

第2レース(11月24日)
小林可夢偉(■#00 BMW Team RBM)
山本尚貴(□#1 TEAM KUNIMITSU)
平手晃平(□#3 NDDP RACING with B-MAX)
アレッサンドロ・ザナルディ(■#4 BMW Team RBM)
大嶋和也(□#6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S)
野尻智紀(□#8 ARTA)
マルコ・ヴィットマン(■#11 BMW Team RBM)
ジェームス・ロシター(□#12 TEAM IMPUL)
中嶋大祐(□#16 TEAM MUGEN)
塚越広大(□#17 KEIHIN REAL RACING)
国本雄資(□#19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH)
ブノワ・トレルイエ(■#21 WRT Hitotsuyama Team Audi Sport)
松田次生(□#23 NISMO)
高星明誠(□#24 KONDO RACING)
ロイック・デュバル(■#28 Audi Sport Team Phoenix)
レネ・ラスト(■#33 Audi Sport Team Rosberg)
中嶋一貴(□#36 LEXUS TEAM au TOM'S)
平川亮(□#37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S)
石浦宏明(□#38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO)
ヘイキ・コバライネン(□#39 LEXUS TEAM SARD)
ナレイン・カーティケヤン(□#64 Modulo Nakajima Racing)
マイク・ロッケンフェラー(■#99 Audi Sport Team Abu Sportsline)

Read Also:

次の記事
23号車ニスモ、最終戦は悔しい8位。クインタレッリ「僕たちには足りない部分がある」

前の記事

23号車ニスモ、最終戦は悔しい8位。クインタレッリ「僕たちには足りない部分がある」

次の記事

スーパーGT×DTM特別交流戦のレース概要が決定、ローリングスタート方式を導入

スーパーGT×DTM特別交流戦のレース概要が決定、ローリングスタート方式を導入
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘