スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

DTMとスーパーGT交流戦、開催地最有力は富士? 来季以降は鈴鹿と隔年開催の可能性も

シェア
コメント
DTMとスーパーGT交流戦、開催地最有力は富士? 来季以降は鈴鹿と隔年開催の可能性も
2019/01/16 5:39

今年初開催が予定されているDTMとスーパーGTの交流戦。日本での開催地は、富士スピードウェイになる可能性が高そうだが、来季以降は鈴鹿との隔年開催になる可能性がある。

 今年開催される予定のDTMとスーパーGTの交流戦。日本での開催地は、ロジスティクス面などの理由から、富士スピードウェイになる可能性が高いことが分かった。

 DTMとスーパーGTは、統一レギュレーション”クラス1”規定を昨年完成させ、今年中に欧州で1戦、日本で1戦の交流戦計2レースを行うことを予定している。

 そのうち日本での開催は、11月にツインリンクもてぎで行われる最終戦の後に行われる予定とされ、その候補地は富士スピードウェイか鈴鹿サーキットのいずれかとされていた。

 しかし、アウディのモータースポーツ部門の代表であるディーター・ガスは、同社の公式サイトに公開されたITRチェアマンのゲルハルト・ベルガーとの対談インタビューで、DTMとスーパーGTの日本での交流戦が、富士スピードウェイで行われることを示唆した。

「6メーカー、20台以上のマシンが富士のグリッドに並んだ時、それは素晴らしいショーになるだろう」

 ガスは当該インタビューの中でそうコメントし、すでに富士スピードウェイでの開催が決まっていることを匂わせた。

 これについてmotorsport.comで取材を進めたところ、まだ富士スピードウェイでの開催が決まっているわけではないものの、その可能性が高まっていることが分かった。

 当初の通り、開催候補地は今も富士と鈴鹿のいずれかだという。しかしながら、集客面や海外から成田や羽田を経由しての導線、国内外のロジスティクス(輸送)面などの理由により、富士スピードウェイでの開催が優勢。6:4〜7:3の割合で、富士での開催になる可能性が高いという。

 ただもし今年の第1回開催が富士スピードウェイで行われたとしても、来年は鈴鹿、その翌年は富士というように、1年ごとに交互開催とすることも検討されているという。また、シーズン終了後は、各メーカーのイベントなどが多数行われる時期でもあり、スケジュール面の調整も慎重に行われているようだ。

 なおガスはインタビューの中で、欧州開催については触れなかったが、これは開催が立ち消えになったことを示しているわけではなく、調整が現在も続けられているという。ただ、この欧州での交流戦は今年10月に行われる予定とされており、となればスーパーGTはシーズン中ということになる。スケジュールとロジスティクスの調整が、こちらも鍵になりそうだ。

次の記事
ホンダのGT500メンバーから外れた小暮卓史、気になる今季の去就は?

前の記事

ホンダのGT500メンバーから外れた小暮卓史、気になる今季の去就は?

次の記事

スーパーGT王者のバトン、フル参戦2年目に自信満々「もっとアグレッシブにいく」

スーパーGT王者のバトン、フル参戦2年目に自信満々「もっとアグレッシブにいく」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT