決勝は長距離、戦略で上位進出を狙う……#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3予選後コメント

シェア
コメント
決勝は長距離、戦略で上位進出を狙う……#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3予選後コメント
2018/08/05 2:35

スーパーGT第5戦富士GT500マイルレース予選、#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3は予選Q1でブレーキトラブルに見舞われ、23位に終わった。

 スーパーGT第5戦富士GT500マイルレース予選、#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3は予選Q1でブレーキトラブルに見舞われ、23位に終わった。

 その#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3の監督及びドライバーが、チームのプレスリリースにコメントを寄せた。

飯田章監督:「富士スピードウェイは、コースレイアウト的にRC F GT3に適しているとは言えないので、予選でもそれほど上位に入れるとは思っていませんでした。それを踏まえても、公式練習から予選を通して良い結果とは言えません。公式練習の内容から考えれば予選はQ1を突破できるかギリギリだったはずです。しかし、アタック中にブレーキトラブルが発生してしまい、本来のパフォーマンスを発揮できませんでした。明日の決勝レースは500マイルと長いので、予選結果はあまり影響がないと考えています。ドライバーもチームもミスなくコンスタントに走ることができれば結果は付いてきます」

吉本大樹選手:「公式練習の最初は、持ち込みのセットアップを確認するために乗ったのですが、コンディションと合わないところがあり、多くの時間を費やして調整を行ないました。その後は、タイヤの比較なども実施して、宮田選手と交代しました。公式練習の結果からすると予選Q1は厳しい状態となると思っていましたが、ブレーキトラブルもあり23位でした。しかし、ブレーキトラブルが決勝レースで発生しなかったことは運が良かったとも言えます。決勝レースは500マイルと長距離なので、戦略の幅を広いです。チームとしっかりと相談して、最適な戦略を採り上位を目指したいと思います」

宮田莉朋選手:「富士スピードウェイは5月にもレースをしていて、そのときから比べるとBoPとウエイトハンデでマシンがだいぶ重くなっています。約70Kgのウエイト増なので、レース前から厳しい戦いになることは想定していました。公式練習では、決勝レースを想定したセットアップとタイヤの確認をして、予選はQ1の担当となりました。予選は、3周に渡ってウォームアップをしてアタックを開始しました。しかし、連続周回の2周目でブレーキトラブルが起きました。2周目にアタックはセクター2までベストタイムを更新していたのでもったいなかったです。決勝レースは、長距離なので何が起きるかわかりません。そのため予選順位よりも戦略などが結果を左右することになるので、チーム一丸となって戦っていきたいです」

次の スーパーGT ニュース
予選17位も決勝巻き返しを誓う……#96 K-tunes RC F GT3予選後コメント

前の記事

予選17位も決勝巻き返しを誓う……#96 K-tunes RC F GT3予選後コメント

次の記事

Modulo Drago CORSEの皆さんに申し訳ない……#38 ZENT CERUMO LC500コメント

Modulo Drago CORSEの皆さんに申し訳ない……#38 ZENT CERUMO LC500コメント
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第5戦富士
サブイベント 土曜日 予選
ドライバー 吉本 大樹 , 宮田 莉朋
チーム LM corsa
記事タイプ 速報ニュース