スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

第3戦GT500予選|TOM'Sがフロントロウ独占! 36号車が僅差のポールポジション

シェア
コメント
第3戦GT500予選|TOM'Sがフロントロウ独占! 36号車が僅差のポールポジション
2019/05/25 9:25

スーパーGT第3戦鈴鹿のGT500クラス予選が行われ、#36 au TOM'S LC500がポールポジションを獲得した。

 スーパーGT第3戦鈴鹿の公式予選が行われ、#36 au TOM’S LC500(中嶋一貴/関口雄飛)がポールポジションを獲得した。

 気温31度、路面温度48度と真夏日のコンディションとなった鈴鹿サーキット。予選で使用するタイヤは決勝でのスタートタイヤになる可能性があるため、残り時間ギリギリまでピットで待機して各車がコースインしていった。

 残り9分になって#19 WedsSport ADVAN LC500(国本雄資)がコースインしたのを皮切りに続々とコースイン。タイムアタックを行なった。

 まず#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生)が1分47秒076と好タイムをマークしたが、これを#1 RAYBRIG NSX-GT(ジェンソン・バトン)が0.3秒上回る1分46秒760を記録。さらに#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀)が1分45秒916を叩き出しトップに浮上した。

 これに#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大)も1分46秒350をマークし、ホンダ勢が上位を独占した。このままQ1が終わるかと思われたが、タイムアタックのタイミングをずらした#6 WAKO’S 4CR LC500(山下健太)が1分46秒144で2番手に食い込むと#37 KeePer TOM’S LC500(ニック・キャシディ)も1分46秒311で3番手に入った。ここでセッションが終了し8号車がトップ通過を果たすも、レクサス勢が速さをみせたQ1となった。

 またランキングトップの23号車は10番手、前回の第2戦富士で優勝した#38 ZENT CERUMO LC500は14番手となり、ウエイトハンデが影響したのかQ2進出はならなかった。

 続くQ2では、#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹)がいち早くタイムアタック。1分46秒216をマークしてトップタイムを記録したが、これを上回る速さをみせたのが、Q1同様37号車だった。Q2を担当した平川亮がQ1でのトップタイムを上回る1分45秒788を叩き出し暫定トップに躍り出た。

 これに対し、今回もタイムアタックのタイミングを遅らせた36号車。Q2を担当した関口雄飛はセクター1こそ遅れをとったが、そこから徐々に遅れを取り戻していき、平川を0.033秒上回る1分45秒775をマーク。今季初のポールポジションを勝ち取った。

 2番手には平川/キャシディ組の37号車がつけTOM’Sがフロントロウを独占。3番手には8号車がつけたがトップから0.4秒の差をつけられることになった。また日産勢では唯一のQ2進出となった12号車は4番手につけた。

 ポールポジションを獲得した関口は、ちょうど1週間前に開催されたスーパーフォーミュラ第2戦で圧倒的な速さをみせて優勝を飾るなど、勢いに乗っているドライバーのひとり。スーパーGTでも今季初優勝に向けて幸先の良いスタートを切った。

→【リザルト】スーパーGT第3戦鈴鹿|GT500&GT300予選タイム結果

次の記事
第3戦GT300予選|一撃離脱のアタックでHOPPY 86 MCが今季初PP

前の記事

第3戦GT300予選|一撃離脱のアタックでHOPPY 86 MCが今季初PP

次の記事

「絶対勝ちたい」猛暑の予選を制した関口雄飛、優勝を渇望

「絶対勝ちたい」猛暑の予選を制した関口雄飛、優勝を渇望
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第3戦:鈴鹿
サブイベント Qualifying 2
ドライバー 中嶋 一貴 , 関口 雄飛
チーム TOM'S