セルモ、2019年のスーパーGT参戦体制を発表。立川祐路が総監督を兼任

シェア
コメント
セルモ、2019年のスーパーGT参戦体制を発表。立川祐路が総監督を兼任
2019/02/27 0:46

LEXUS TEAM ZENT CERUMOが2019年のスーパーGT参戦体制を発表。立川祐路が総監督を兼任することになる。

 LEXUS TEAM ZENT CERUMOが、2019年のスーパーGT参戦体制と新カラーリングを発表。2013年以来となるチャンピオンを目指すと誓った。

 新体制で今シーズンのスーパーGT GT500クラスに挑むことになるLEXUS TEAM ZENT CERUMO。ドライバーは昨年に引き続き立川祐路と石浦宏明のコンビを継続。この組み合わせは2015年以来5年目という長期体制となる。しかし立川は新たにチームの総監督を兼任し、「トップドライバー目線でのチーム強化を図る」としている。また、石浦も株式会社セルモの取締役に就任したことを自身のブログでも明らかにしており、立川同様、チーム運営にも積極的に携わっていくことになる。

 またチーム総代表は卜部治久、チーム監督は村田淳一、チーフエンジニアは村田卓児が務めることになる。

 なお新たなカラーリングも体制と同時に発表。ベースはこれまで同様に赤であるが、「『カラーリングが魅せる速さ!』をテーマにスピード感をイメージした」という新カラーリングをまとっている。

 昨年はドライバーズランキング4位に終わったLEXUS TEAM ZENT CERUMO。新体制でどんな活躍を見せるのか、注目される。

次の記事
2019年スーパーGT年間エントリーリスト

前の記事

2019年スーパーGT年間エントリーリスト

次の記事

ナカジマ&ドラゴの2019年カラーリング発表。共通テーマは”ダイナミック”

ナカジマ&ドラゴの2019年カラーリング発表。共通テーマは”ダイナミック”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
ドライバー 石浦 宏明 , 立川 祐路
チーム セルモ
まずは最新ニュースを読む