小林可夢偉、予選アタック初担当「出来るだけのことをやろうと思った」

シェア
コメント
小林可夢偉、予選アタック初担当「出来るだけのことをやろうと思った」
執筆: 吉田知弘
2018/07/01 5:01

2018スーパーGT第4戦タイ。#39 DENSO KOBELCO SARD LC500の小林可夢偉はGT500で初めて予選アタックを担当。しっかりとQ2進出に繋げる働きをした。

  タイ・ブリーラムで行われている2018スーパーGT第4戦タイ。ホンダ勢がフロントローを独占する中、#39 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン/小林可夢偉)が3番手を獲得。意外にも小林にとっては、スーパーGTで初めて予選アタックを担当することとなった。

 昨年の鈴鹿1000kmでスポット参戦を果たし、今年は#39 DENSO KOBELCO SARD LC500からレギュラー参戦している小林だが、彼が参戦した第1戦岡山、第3戦鈴鹿ともにコバライネンが担当したQ1で敗退していたため予選で登場する機会がなかった。しかし今回は小林が初めてQ1走行を担当。しかも直前のスコールの影響で、ウエットからドライに変わり始める難しいコンディションでの予選アタックとなった。

「ああいうコンディションだったので、とにかく出来るだけやろうと思って臨みました」

 そう語る小林は、GT500で初めての予選アタックということを意識せず、とにかく出来ることをやろうと冷静に臨んだという。

「最初はウエットタイヤで出て、すぐにスリックに交換しましたが、その後気になることがあって1回ピットに戻ってきました。まさかドライになるとは思わなかったです。ウエット用のセッティングにしてドライタイヤを履いてのアタックでしたが、最後は(他のマシンに)詰まらなかったら、もうちょっとタイム伸ばせたかなと思います。ただNSX勢が速いから(この結果は)しょうがないかなと思います」

 そんな小林はチャーン・インターナショナル・サーキットは初走行。ヨーロッパによくあるサーキットに似ていると好評価した。ただ、今季は決勝レースも岡山しか経験できていないため、GT300との混走もレースをしながら対応していきたいと語った。

「そんなに難しくないと思います。ヨーロッパによくある最近できたサーキットというような印象ですね。逆に日本のサーキットの方が特殊な感じがします。決勝レースは始まってみないと分からないし、僕もこのサーキットは初めてなので、GT300との混走があるから、その辺は(感覚を)掴みながらやっていくしかないなと思っています」

 小林とパートナーを組むコバライネンは予選Q2を担当。途中までホンダ勢2台に肉薄するタイムをマークスするが、最終コーナーの立ち上がりでリヤが流れてしまいタイムロスしてしまう。そのため、結果的にフロントロウに食い込むことができなかった。

 しかし、コバライネンの表情を見ると悔しそうなところはなく、決勝に向けて自信を語った。

「最後はものすごくプッシュしていて、リヤタイヤに熱が入りすぎて最終コーナーはグリップがない状態だった。でも良いアタックができたし、もうコンマ2~3秒詰められるところがないか探っていったけど、あれが限界だった。だから(どちらかというと)ハッピーな気分だ」

「正直、ホンダ勢の速さには届かない状態だから、まだまだ改善は必要だけど、朝の公式練習と比べてもクルマの動きは良くなっていたし、何より第2戦富士でクルマがすごく良くなって、あとはコースに合わせて細かい調整と適切なタイヤを選んでいくだけで良い状態になっている」

「決勝は始まってみないと分からないけど、レースに向けて良いタイヤは選んでいるつもりだし、我々のレースペースは決して悪くない。なんとかホンダ勢を逆転したい」

【スーパーGTをとことん楽しむならJ SPORTSオンデマンド!】
予選&決勝の模様をLIVE配信!
https://www.jsports.co.jp/motor/

次の スーパーGT ニュース
ジェンソン・バトン「このハンデで予選5番手はハッピーな結果」

前の記事

ジェンソン・バトン「このハンデで予選5番手はハッピーな結果」

次の記事

NSX-GT&ヨコハマ初ポール、中嶋大祐「ポールを獲るまで力をつけた」

NSX-GT&ヨコハマ初ポール、中嶋大祐「ポールを獲るまで力をつけた」

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント チャーン・スーパーGTレース
サブイベント 土曜日 予選
ドライバー ヘイキ コバライネン , 小林 可夢偉
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース