スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

チーム郷、マクラーレン720S GT3でスーパーGT参戦か? 海外メディア報じる

シェア
コメント
チーム郷、マクラーレン720S GT3でスーパーGT参戦か? 海外メディア報じる
執筆:
2019/01/30 10:39

かつてル・マン24時間レースを制したこともあるチーム郷が、マクラーレン720S GT3でスーパーGTに参戦するという噂が流れている。

 ル・マン24時間レースや全日本GT選手権の王者として知られる『チーム郷』が、今季スーパーGT(GT300クラス)に参戦する噂が持ち上がっている。

 1月29日、いくつかの海外メディアが、チーム郷がマクラーレン720S GT3を使ってGT300クラスやスーパー耐久に参戦するという情報を配信した。

 このチーム郷は郷和道氏が率いるレーシングチームで、スーパーGTの前身である全日本GT選手権に「チーム ラーク・マクラーレンGTR」として参戦。いきなりドライバーズとチームの二冠を獲得した。

 翌1997年からル・マン24時間レースに挑戦を開始。2004年には日本チームとして初の総合優勝を飾った。

 その後は2006年にマセラティMC12でスーパーGTに参戦するという話もあったが実現はせず、それ以降は目立ったレース活動は行っていなかった。

 実はmotorsport.comでも、彼らがスーパーGT参戦の準備を進めている情報はキャッチしている。“チーム郷の復活”という話題は1月上旬に開催された東京オートサロンでも関係者の間で密かに噂となっていた。

 そこで流れていた噂によると、使用マシンはマクラーレン720S GT3で、ドライバーのひとりは荒聖治の可能性が高いということだった。そんな中、今回海外メディアが以下のような情報を配信した。

 スペインのモータースポーツサイト「CONPETICION」が伝えたところによると、マシンはマクラーレン720S GT3でタイヤはヨコハマタイヤ。ドライバーは荒聖治/アレックス・パロウだという。さらにスーパー耐久のST-Xクラスにも参戦予定で、こちらには阪口晴南、木下隆之の名前がある他、鈴鹿10Hの参戦も視野に入れているようだ。

 また「dailysportscdar.com」もチーム郷復活を報じたが、こちらは公開直後に記事が消去されている。もちろん、チーム郷をはじめマクラーレン側からも、この件に関する正式な発表は何も出されていない。

次の記事
ローゼンクヴィスト、日本のレベルの高さに感銘「ヨーロッパにはない“強さ”がたくさんある」

前の記事

ローゼンクヴィスト、日本のレベルの高さに感銘「ヨーロッパにはない“強さ”がたくさんある」

次の記事

チーム郷、マクラーレン720S GT3でスーパーGT&S耐に参戦決定

チーム郷、マクラーレン720S GT3でスーパーGT&S耐に参戦決定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 Tomohiro Yoshita