TEAM UPGARAGE、2018年スーパーGT参戦体制発表。小林崇志加入

TEAM UPGARAGEが2018年のスーパーGT GT300クラス参戦体制を発表し、中山友貴に加え新たに小林崇志がチームに加入した。

 222日、TEAM UPGARAGE2018シーズンのスーパーGT GT300クラスへの参戦体制を発表。今季は新たに小林崇志がチームに加わり、チャンピオンを目指す。

 2015年からGT300マザーシャシーの86を使用し、GT300クラスに参戦しているTEAM UPGARAGE。昨シーズンは予選2番手を2度獲得する速さを見せながらも、なかなか好結果に繋げることができず、悔しさの残るシーズンとなった。

 参戦から3年間は、RACING PROJECT BANHDOHとのジョイントでチームを運営してきたTEAM UPGARAGE。このパートナーシップが終了し、今季からTEAM UPGARAGE単体でのチーム運営となる。

 マシンは86 MCの使用を継続し、GT300クラスに参戦。ドライバーラインアップは、2015年からチームを引っ張る中山友貴がチームに残留し、チーム在籍4年目のシーズンを迎える。そして中山の新しいパートナーには、昨年GT500クラスで#8 ARTA NSX-GTを駆り活躍した小林がチームに加入することになった。

 エントラント代表兼監督の石田誠は「2018年より弊社単独でチームを運営することになりました。参戦4年目となる今シーズンはまずは1勝を挙げると共に、チャンピオン争いに食い込めるような強いチームを目指してまいりたいと思います」とコメントした。

 加えて、チームは同パッケージで2018年にスタートする鈴鹿10時間耐久レースへのエントリーを早々に済ましていることを発表。楽しみなチームがまたひとつ、夏の鈴鹿で世界に挑むことになった。

 フォトセッションでは、今季カラーリングが施されたマシンも公開された。白と青をベースとしていた昨年までのカラーから一転し、黄色が目を引く鮮やかなカラーリングとなっている。

 また合わせて、チームのレースクイーンユニット『ドリフトエンジェルス』の2018年メンバーも発表され安田七奈さんがキャプテンを、横田りかさんが副キャプテンを務め、織田真美那さんと永原芽衣さんが新たに加入することとなった。

TEAM UP GARAGE チーム体制

参戦クラス:GT300
参戦マシン:86(GTAマザーシャーシ)
エントラント代表兼監督:石田誠(アップガレージ代表取締役会長)
ドライバー:中山友貴
ドライバー:小林崇志
車両名称:UPGARAGE 86MC
カーナンバー:18
タイヤメーカー:横浜ゴム株式会社
車両メンテナンス:RS中春

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース