GT500王者、関口雄飛がSARDに電撃移籍! アレジ、阪口がステップアップ|2022年TGRスーパーGT体制発表

TOYOTA GAZOO Racingは、2022年スーパーGT(GT500)の参戦体制を発表。関口雄飛がSARDへと移籍し、ジュリアーノ・アレジと阪口晴南が待望のGT500フル参戦を果たすこととなった。

GT500王者、関口雄飛がSARDに電撃移籍! アレジ、阪口がステップアップ|2022年TGRスーパーGT体制発表

 TOYOTA GAZOO Racingは12月5日、2022年スーパーGT・GT500クラスの参戦体制を発表した。

 中でも大きなサプライズとなったのは、36号車au TOM'S GR Supraの一員として2021年のドライバータイトルを獲得した関口雄飛が、SARDに移籍するということだ。関口は2021年限りでスーパーGT参戦を終了したヘイキ・コバライネンの後釜としてチームに加入する。

 また、チャンピオンナンバー1をつけるau TOM‘Sに関口の後任として加入するのが、ジュリアーノ・アレジ。2021年に来日したアレジはGT300クラスで35号車arto RC F GT3をドライブし、随所で光る速さを見せていた。また彼はスーパーフォーミュラでも優勝を飾っており、そういった活躍が総合的に評価されてのGT500ステップアップと見られる。

 そしてもうひとり、GT500ステップアップを果たしたのが、19号車のドライバーとなった阪口晴南。阪口は2021年シーズンにサッシャ・フェネストラズの代役として、既に5レースに渡ってGT500の37号車KeePer TOM'S GR Supraをドライブ。開幕戦ではポールポジションを奪うなど、既にその実力は証明済みだ。

 そして2021年まで19号車をドライブしていた宮田莉朋は、37号車TOM'Sに移籍。WEC(世界耐久選手権)に挑戦する平川亮の後釜として、フェネストラズとコンビを組む。

 なお14号車ルーキーレーシング、38号車CERUMOに関しては、2021年の布陣を継続する形となる。

TOYOTA GAZOO Racing 2022年スーパーGT参戦体制

#1 TOM'S
坪井翔
ジュリアーノ・アレジ

#14 ルーキーレーシング
大嶋和也
山下健太

#19 レーシングプロジェクトバンドウ
国本雄資
阪口晴南

#37 TOM'S
宮田莉朋
サッシャ・フェネストラズ

#38 CERUMO
立川祐路
石浦宏明

#39 SARD
関口雄飛
中山雄一

 
Read Also:

シェア
コメント
【フォトギャラリー】日産/ニスモの2022年スーパーGT GT500車両『Nissan Z GT500』
前の記事

【フォトギャラリー】日産/ニスモの2022年スーパーGT GT500車両『Nissan Z GT500』

次の記事

スープラ祭りに始まり、スープラ祭りで終わった2021スーパーGT。トヨタは中盤戦を反省点に挙げるも「最終戦で結果を出せて良かった」

スープラ祭りに始まり、スープラ祭りで終わった2021スーパーGT。トヨタは中盤戦を反省点に挙げるも「最終戦で結果を出せて良かった」
コメントを読み込む