スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
29 days
11 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
37 days
R
17 7月
-
18 7月
次のセッションまで……
43 days
08 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
65 days
11 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
99 days
R
オートポリス
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
141 days
R
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
155 days

ARTA NSX-GTの野尻智紀、岡山テストで速さをみせるも「まだ改善が必要」

シェア
コメント
ARTA NSX-GTの野尻智紀、岡山テストで速さをみせるも「まだ改善が必要」
執筆:
2020/03/19 3:41

#8 ARTA NSX-GTの野尻智紀は、岡山公式テストで手応えを感じつつも改善しなければいけないところがいくつかあると語った。

 スーパーGTの岡山公式テストで速さをみせたホンダNSX-GT勢だが、#8 ARTA NSX-GTの野尻智紀はライバルの動向を警戒するととともに、自分たちもさらに改善していきたい部分があることを明かした。

 2日間とも雨交じりの不安定なコンディションとなった岡山公式テストだが、走り出しから好調な走りを見せた8号車はセッション1でトップタイムをマークすると、ドライコンディションとなった午後のセッション2でも2番手につけるなど、2日間を通して上位に食い込む安定した速さをみせた。

 しかし、テストを終えた野尻に印象を訊くと、今のポジションには半信半疑という様子だった。

「(勢力図は)どうなんでしょうねぇ……『早くみんな本気出して!』って(言いたい)感じです。でもテストってそんなものですからね。それぞれが何をどうやっているか分からないので……」

「僕たちも直さなきゃいけないところはありますが、おおまかなバランスとしてはおかしいところにいない中で走れていました。順調といえば順調ですね。トラブルなくテストもこなせるので、一歩一歩ちゃんと準備はできているかなという感じです」

 2015年にGT500クラスデビューを果たした野尻にとっては、FRのGT500車両でレースをするのは初めてになる。すでにメーカーテストや開発テストの段階からFR化されたNSX-GTをドライブしてきた彼だが、昨年まで乗っていたミッドシップのものと良くも悪くも変わらない部分があるという。

「FRのGT500車両は初めてですけど、そんなに変わらないなという印象です。動き方とかも『NSXに乗っているな』という感じです」

「(改善したいところは)もちろんありますね。大なり小なり、これまで持っていたNSXのよくない部分も見え隠れしています。それをどうやったら改善できるかを考えていかないといけないところです」

 また野尻は、これまでのNSX-GTが比較的苦手としていた夏場のレースを今年はどう戦えるかに注目していた。

「ここ数年NSXは寒い時は調子がいいという感じがあって、夏の数レースであまりポイントが取れなかったということもあったので、その辺が今年のクルマはどうなるか気になってくるポイントではありますね」

「そこはシーズンが始まってみて季節が変わってこないと分からないですが、今はそれなりに良いテストができています」

Read Also:

次の記事
2019年王者の大嶋和也、GRスープラのデビューウインに向け手応え「本当に順調です」

前の記事

2019年王者の大嶋和也、GRスープラのデビューウインに向け手応え「本当に順調です」

次の記事

日産の新モータースポーツ責任者にトマソ・ヴォルペが就任、スーパーGTやFEを統括

日産の新モータースポーツ責任者にトマソ・ヴォルペが就任、スーパーGTやFEを統括
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 岡山公式テスト
ドライバー 野尻 智紀
チーム Autobacs Racing Team Aguri
執筆者 吉田知弘