TOYOTA GAZOO RACING 2017年モータースポーツ参戦体制発表

TOYOTA GAZOO Racingは、2月2日東京・お台場のメガウェブでプレスカンファレンスを行い、各カテゴリーの参戦体制を発表した。

 TOYOTA GAZOO Racingは2月2日、東京・お台場のメガウェブで『2017 TOYOTA GAZOO Racing プレスカンファレンス』を行い、各カテゴリーの参戦体制を発表した。

 WEC(世界耐久選手権)では、WTCC王者のホセ・マリア・ロペスが新加入。マイク・コンウェイ、小林可夢偉と組むことになる。また、スパとル・マンでは3台目を投入。こちらのマシンはステファン・サラザンのほか、まだ未発表のふたりがドライブするという。

 スーパーGTのGT500クラスには、新レギュレーションに沿った新型レクサス LC500を投入。6チームに供給する。ドライバーラインアップで特筆すべきは、36号車トムスに中嶋一貴が復帰することだろう。中嶋はWECへの参戦も決まっているため、日程が被る富士ラウンドでは、今年から同チームの監督を務める伊藤大輔が代役を務めることになる。なお、トムスの37号車にはレッドブル・ジャパンのサポートがつくことも明らかになっている。

 スーパーGTのGT300クラスには、先日デイトナ24時間でレースデビューを果たしたレクサスRC F GT3を投入。LMcorsaが2台のマシンを走らせることになる。ドライバーは51号車が中山雄一と坪井翔、60号車は飯田章と吉本大樹が務める。

 スーパーフォーミュラは、チーム及び台数は昨年を維持。しかしKONDO RACINGには山下健太が、Team LeMansには大嶋和也が、ITOCHU ENEX TEAM IMPULにはヤン・マーデンボローが加入している。また、小林可夢偉はTeam LeMansからKCMGに移籍することになった。さらに、Team LeMansは2台のうち1台がまだTBAとなっている。

 各カテゴリーのラインアップ詳細は以下の通り。

世界ラリー選手権(WRC)

チーム名:TOYOTA GAZOO Racing WRT(WRT:World Rally Team)
チーム総代表:豊田章男
チーム代表:トミ・マキネン(Tommi Mäkinen フィンランド)
車両:Yaris WRC (全長 4,085mm; 全幅 1,875mm)
エンジン:GI4A (1.6L直噴ターボ 最高出力380馬力以上)
タイヤ:ミシュラン製

10号車:
ドライバー:ヤリ‐マティ・ラトバラ(Jari-Matti Latvala フィンランド)
コ・ドライバー:ミーカ・アンティラ(Miikka Anttila フィンランド)
11号車:
ドライバー:ユホ・ハンニネン(Juho Hänninen フィンランド)
コ・ドライバー:カイ・リンドストローム(Kaj Lindström フィンランド)

FIA世界耐久選手権(WEC)

TOYOTA GAZOO Racing:TS050 HYBRID

セバスチャン・ブエミ (Sébastien Buemi スイス)
アンソニー・デビッドソン(Anthony Davidson イギリス)
中嶋一貴 (Kazuki Nakajima 日本)

マイク・コンウェイ(Mike Conway イギリス)
小林可夢偉 (Kamui Kobayashi 日本)
ホセ・マリア・ロペス(José María López アルゼンチン)

ステファン・サラザン(Stéphane Sarrazin フランス)
TBD
TBD

スーパーGT GT500クラス
レクサス チーム サード(#1 DENSO KOBELCO SARD LC500):ヘイキ・コバライネン/平手晃平
レクサス チーム ルマン ワコーズ(#6 WAKO’S 4CR LC500):大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ
レクサス チーム ウェッズスポーツ バンドウ (#19 WedsSport ADVAN LC500):関口雄飛/国本雄資
レクサス チーム エーユー トムス(#36 au TOM’S LC500):中嶋一貴/ジェームス・ロシター
レクサス チーム キーパー トムス(#37 KeePer TOM'S LC500):平川亮/ニック・キャシディ
レクサス チーム ゼント セルモ(#38 ZENT CERUMO LC500):立川祐路/石浦宏明

スーパーGT GT300クラス
エー・ピー・アール
#30 TOYOTA PRIUS apr GT:永井宏明/佐々木孝太
#31 TOYOTA PRIUS apr GT:嵯峨宏紀/久保凜太郎
エルエム コルサ
#51 JMS P.MU LM corsa RC F GT3:中山雄一/坪井翔
#60 SYNTIUM LM corsa RC F GT3:飯田章/吉本大樹

全日本スーパーフォーミュラ選手権
ピーエムユー セルモ インギング(P.MU/CERUMO・INGING)
1. 国本雄資(Yuji Kunimoto 日本)
2. 石浦宏明(Hiroaki Ishiura 日本)
コンドー レーシング(KONDO RACING)
3. ニック・キャシディ(Nick Cassidy ニュージーランド)
4. 山下健太(Kenta Yamashita 日本)
スノコ チーム ルマン(SUNOCO TEAM LEMANS)
7. TBD
8. 大嶋和也(Kazuya Oshima 日本)
ケーシーエムジー(KCMG)
18. 小林可夢偉(Kamui Kobayashi 日本)
イトウチュウ エネクス チーム インパル(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
19. 関口雄飛(Yuhi Sekiguchi 日本)
20. ヤン・マーデンボロー(Jann Mardenborough イギリス)
バンテリン チーム トムス(VANTELIN TEAM TOM’S)
36. アンドレ・ロッテラー(Andre Lotterer ドイツ)
37. 中嶋一貴(Kazuki Nakajima 日本)

【関連ニュース】

【WRC】ラトバラ「トヨタは意欲が高く、モナコで完璧な仕事をした」

【WRC】豊田社長「車作りの為の“トヨタの新たな旅”がついに始まる」

トヨタ永井スーパーフォーミュラPL「来年もガツンと良いエンジンを持ってくる」

【スーパーフォーミュラ】2016年王者、国本雄資が成長した理由

【スーパーフォーミュラ】”ルーキー”4人がSFの印象を語る。山下「スッゲー速い!」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース