WEC富士の日程変更で新たな弊害……SGTオートポリス等と日程が重複

2018/2019年シーズンのWEC富士ラウンドの日程変更されたが、SGT第7戦と重複しているなど、新たな問題が生まれている。

 2018/2019年シーズンのWEC富士ラウンドが10月12〜14日に変更されたが、スーパーGT第7戦オートポリスと重複しているなど、新たな問題が生まれている。

 2月9日(金)、フランス・パリでWECの2018/2019年シーズンの概要が発表。そこで富士スピードウェイで開催されるレースが10月12〜14日に日程変更されることが明らかとなった。

 これは、今年F1と並行してWECに参戦するフェルナンド・アロンソへの配慮が絡んでいる模様。彼はF1に全戦出場することを条件にWECにもエントリーしておるため、両カテゴリーで日程が重複している場合は、F1を優先することになる。

 昨年末、FIAで承認されたカレンダーではWEC富士ラウンドは10月18〜20日の日程になっていた。だが、同じ週末にはオースティンでのF1アメリカGPが予定されており、前述の条件からするとアロンソはWECに出場できない。その兼ね合いもあって、急遽WEC富士を1週間前倒すことになったようだ。

 しかし、新たな日程となる10月12〜14日の週末には、大分県のオートポリスでスーパーGT第7戦が予定されており、こちらには中嶋一貴と小林可夢偉がエントリーしている。いうまでもなく、彼らもWECに参戦しているため、どちらかのレースを欠場せざるを得なくなってしまうのだ。

 またWEC富士のサポートレースとして全日本F3選手権の最終ラウンドも予定されている。こちらも同様に1週間前倒しになれば、GT300クラスに参戦している坪井翔や宮田莉朋らも、どちらを選ぶのか頭を悩ませることになってしまう。

 ただ、重複回避のために手段がないわけではない。スーパーGTは当初、第7戦オートポリスを10月19・20日に開催する方向で調整を進めてきた。ところが、WEC富士が同週末になることが昨年末に決定。それを受けて、1週間日程を変更して現在は10月13・14日に行うスケジュールとなっている。

 今回の決定を受け、元の通り10月19・20日開催に戻すことができれば問題はほぼ全てクリアになりそうだが、2月に入ってからのスケジュール変更は決して簡単なものではない。今後どのような調整が行われるのか、注目が集まりそうだ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT , WEC
記事タイプ 速報ニュース