ZENT CERUMO、2018スーパーGT参戦体制発表。新カラーリング公開

スーパーGT GT500クラスに参戦するLEXUS TEAM ZENT CERUMOは、2018年の参戦体制と新車カラーリングを公開した。

 スーパーGTのGT500クラスに参戦するLEXUS TEAM ZENT CERUMOは、2018年の参戦体制を発表。新たなカラーリングも併せて公開した。

 2017シーズンは第2戦富士で優勝を飾るも、難しいコンディションとなった第4戦SUGOでのノーポイントなどもあり、ランキング4位でシーズンを終えた#38 ZENT CERUMO LC500。2018シーズンも、昨年に引き続き立川祐路と石浦宏明のタッグを継続しシリーズチャンピオンを狙う。

 公開された新しいカラーリングの#38 ZENT CERUMO LC500は、メインスポンサーであるZENTのコーポレートカラーであるレッドがベースである点は変わらないが、『流れ』を意識したというラインデザインが採り入れられている。この新カラーリングの実車は、岡山合同テストで公開されることになっている。

 良い『流れ』を引き寄せ、その『流れ』に乗れるのか。今年もその活躍に注目が集まる。

【参戦概要】

チーム名:LEXUS TEAM ZENT CERUMO
ドライバー:立川祐路 、石浦宏明
チーム代表:村田淳一
チーム監督:浜島裕英
チーフエンジニア:村田卓児
エントリー車両名称:ZENT CERUMO LC500 (#38)

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース