【ツーリングカー】ヒュンダイ、TCR車両のカスタマー供給参入へ

ヒュンダイは、TCRのカスタマーレーシングプログラムを新たにスタートすることを発表した。

 ヒュンダイは、TCRのカスタマーレーシングプログラムを開始することを発表した。

 ドイツのアルゼナウが本拠地となるヒュンダイTCRカスタマーレーシングは、ロードーカーの新型i30をベースにTCR車両を開発し、2017年内にテストプログラムを完成させるという。12月を目処に、メーカーはカスタマーチームへの車両提供を開始する予定だ。

 ヒュンダイ・モータースポーツの代表であるミシェル・ナンダンは、次のように語った。

「ヒュンダイにとってサーキットレースを手がける最初のプログラムがスタートする。これはヒュンダイ・モータースポーツにとって非常に重要なステップである」

「TCRのシステムはとても優秀なものであり、現在も世界中で拡大し続けている。このチャンピオンシップにヒュンダイが台頭することで、我々のWRCとR5プロジェクトとともに、ヒュンダイというメーカーをPRすることができるだろう」

「今後数カ月、カスタマーレーシングはとても忙しくなるだろう。TCR車両の開発は、既存顧客のサポートと並行して行われる。しかし、それでもヒュンダイは競争が激しくなるTCRシリーズに向けて強力な車両を提供することができるだろう。ヒュンダイの車両が並ぶスタートグリッドを見るのを楽しみにしている」

 2015年に元WTCCの代表であるマルチェロ・ロッティが立ち上げたTCRは、過去2年間でヨーロッパやアジアなどで地方選手権を設立することに成功している。

 現段階では、ヒュンダイのTCR車両がどのシリーズに参戦するのかは明らかになっていないが、おそらくTCRインターナショナル・シリーズ(TCRのトップカテゴリー)になる可能性が高い。

「拡大し続けるTCRシリーズに、ヒュンダイを迎え入れられたことは喜ばしいことだ」

 ロッティはそう語る。

「ヒュンダイの加入で、TCRに参入しているブランド数がさらに増えた」

「彼らがインターナショナル・シリーズに参加するのが待ち遠しい。ヒュンダイはすぐに頭角を現すに違いない」

【関連ニュース】

【WTCC】道上龍フル参戦決定! ホンダ、2017年参戦体制を発表

【WTCC】スポット参戦の道上「日本人ドライバーのWTCCへの道を作りたい」

【WTCC】ワークス撤退のラダ、プライベーターで参戦継続へ

【WRC】2戦連続クラッシュのヌービル。ヒュンダイ「彼のミスは罪深い」

【WRC】ヒュンダイ、2017年規定WRカーを公開。ドライバーラインアップに変更なし

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ TCR
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ
記事タイプ 速報ニュース
タグ hyundai