F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
KTM
Austria
チーム

KTM

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
76 articles
フィルターをクリアにする
KTM
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

「KTM移籍と同じミスはしない」ザルコ、アビンティアよりMoto2に興味

ヨハン・ザルコはアビンティアに加入してMotoGPに残留することはKTM移籍と同じ“間違い”であり、Moto2復帰の方が好ましいと話した。

KTM、ザルコ後任にブラッド・ビンダーを起用。テック3にはレクオナが昇格

KTMは現在Moto2を戦うブラッド・ビンダーをポル・エスパルガロのチームメイトに迎える事を決定。空いたテック3のシートには、イケル・レクオナが収まる。

骨折から“驚異の復帰”見せたエスパルガロ弟、13位も「それで十分」

KTMのポル・エスパルガロは、アラゴンGPでの負傷からわずか2週間でレースに復帰。13位入賞を果たしてポイントを持ち帰ったが、復帰できたことで十分だと話した。

“鉄人”ポル・エスパルガロ、左手首骨折から2週間でタイGP出場へ

KTMのポル・エスパルガロは前戦アラゴンGPで左手首を骨折したが、第15戦タイGPに出場することが明らかになった。

ペドロサ効果は“予想以上”。KTM、進む改善の影にサムライの姿

KTMのピット・ベイラーは、テストライダーとして起用したダニ・ペドロサの影響は予想以上のモノだと語り、その働きを称賛した。

マネージャーとの決別が契機に? KTM「ザルコとの契約は“間違った”タイミングだった」

KTMのピット・ベイラーは、ヨハン・ザルコとの契約は間違ったタイミングだったと言い、加えて開発への姿勢等ファクトリーチームに必要な資質がザルコには不足していたと話した。

ザルコには“苦戦の道”しか無かった? クラッチロー「ホンダでも苦戦したはず」

カル・クラッチローは、ヨハン・ザルコがKTMの代わりにホンダへ加入していたとしても苦戦していただろうと考えているようだ。

ザルコは“感情的すぎた”? KTM、ザルコの参戦中止理由を明かす

KTMは今季限りでの離脱が決定していたヨハン・ザルコを、アラゴンGP以降は走行させないことを決定したが、その理由はザルコがネガティブな姿勢を変えない点にあったと明かした。

KTMの“非情な決定”にショック……ザルコ「心が引き裂かれたよう」

KTM早期離脱を決定していたヨハン・ザルコ。彼はアラゴンGP以降のレースに出場しないことをチーム側に決定されてしまい、ショックを受けたという。

KTM、離脱決定のザルコをラインアップから除外。ミカ・カリオを残り6戦で起用

KTMはMotoGPの今季残り6レースで、ヨハン・ザルコに代わり、テストライダーのミカ・カリオを起用すると発表した。

KTMエスパルガロ、“実りの”2番手は「信じられないような瞬間」

サンマリノGP予選ではKTMのポル・エスパルガロが2番手に入る躍進を見せた。エスパルガロはチームの新たなアイデア、そしてミサノ公式テストが助けになったと話した。

ワイルドカードで結果を出したい……ザルコ、来季はテストライダーを希望

KTM離脱を決定したヨハン・ザルコは、来季以降をMotoGPでテストライダーを努めながら、ワイルドカード参戦で結果を出すことでフル参戦シート獲得を目指したいと話した。

“キャリアを優先”してKTM離脱……ザルコ「お金のためだけに走りたくない」

ヨハン・ザルコは2020年もKTMでのレースを続けることで、キャリアを損なうことを恐れたと、離脱理由の一端を語った。

「ザルコのKTM離脱は両者にとって良いこと」P.エスパルガロ、”勇敢”な決定に理解

ポル・エスパルガロは、ヨハン・ザルコのKTM離脱はチームとザルコの両者にとって正しいものだと語った。

KTMへの適応は“まっさらな心”が重要? ザルコがオリベイラ躍進の理由を指摘

KTM離脱が決定したヨハン・ザルコは、テック3のミゲル・オリベイラが忍耐強くKTMに適応しようとしていることを称賛し、仕事への取り組み方の違いが差を生んでいると語った。

ザルコの後任も検討か……ジャック・ミラー「KTM移籍は考えた」

ジャック・ミラーは、“2020年にKTMへ移籍するという選択肢”を却下することは難しい判断だったと語った。

ペドロサのレース復帰は無い? KTM、ザルコ後任説を“ファンタジー”と否定

ダニ・ペドロサは、KTMを離脱することになったヨハン・ザルコの後任としてレースに出場する考えは無いと語った。

KTM離脱のザルコ、”目に涙を浮かべ”チーム離脱を訴えた

KTMのモータースポーツ部門の代表であるピット・ベイラーによれば、今季限りでKTMを離脱することを決めたヨハン・ザルコは、その決断を伝える際に目に涙を浮かべていたという。

ヨハン・ザルコ、2019年限りでKTMを離脱へ

KTMはヨハン・ザルコが2019年限りでチームを離れることを明らかにした。

KTM、MotoGP参戦を2026年まで延長。Moto2は撤退へ

KTMはMotoGPへの参戦を少なくとも2026年シーズンまで継続することを公表。しかしMoto2クラスへの参戦は早ければ来年にも終了するという。

“感情を失いかけていた”ザルコ、3番グリッド獲得は『能力』の再証明と自信に?

チェコGP予選で3番グリッドを獲得したヨハン・ザルコ。彼はKTM移籍以後の低迷の中で“まだ能力がある”ことを感じさせてくれたと語った。

「ペドロサの働きが重要になる」ザルコ、後半戦の進歩に期待を寄せる

夏休み中に行われたテストライダーのダニ・ペドロサによるテストが、シーズン後半戦に向けて重要になると語った。

「ダートトラックを走っているようだった……」P.エスパルガロ、タイヤ劣化に大苦戦

KTMのポル・エスパルガロはドイツGPでタイヤの性能劣化が酷く、ダートトラックを走っているようだったと語った。

走行妨害で5人が呼び出し……FP3終盤は”予選並み”にペナルティ適用か

ドイツGPのFP2終了後、5人のライダーが走行妨害でレースディレクションの呼び出しを受けたが、ペナルティは発生しなかったという。