ナカジマ・レーシング
Japan
チーム

ナカジマ・レーシング

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
9 articles
フィルターをクリアにする
ナカジマ・レーシング
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

ナカジマ・レーシングの最新ニュース

グリッド
リスト

【スーパーGT】今季から2台体制のダンロップ、4年ぶり勝利の最右翼はやはり64号車Modulo?

今季はGT500クラスで64号車Modulo NSX-GTと16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTの2台にタイヤを供給するダンロップ。今季ここまで16号車の方が多くのポイントを獲得しているが、残りのシーズンに向けて64号車が優位な点がいくつかあるようだ。

【スーパーフォーミュラ】大湯都史樹、最後尾スタートから望外の7位入賞「でも、今日の野尻さんは速すぎた」

TCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹は、最後尾グリッドからスタートしたスーパーフォーミュラ第3戦を7位でフィニッシュ。しかし、野尻のペースが速すぎたため、レースが赤旗終了となったことについて安堵している。

【スーパーフォーミュラ】山本尚貴、タイミング悪く予選12番手「もう少しレベルアップしなきゃいけない」

ヘビーウエットのコンディションとなったスーパーフォーミュラの第3戦オートポリス戦の予選で、山本尚貴は12番手となった。山本は「もう少し普通に走りたかった」としながらも、自身がもっとレベルアップしなければいけないと語った。

山本尚貴、予選苦戦も決勝驚異の追い上げ「まだスッキリはしていないが、可能性は感じられた」

TCS NAKAJIMA RACINGの山本尚貴は、スーパーフォーミュラ開幕戦富士の予選では16番手と大苦戦したものの、決勝では6位にジャンプアップ。今後に向けた可能性を感じたと語った。

バゲット、ダンロップ勢の速さを警戒。それでもタイトル争いは「トヨタとホンダBS勢が展開」と予想

岡山で行なわれたスーパーGTの公式テストを踏まえ、#17 Astemo NSX-GTのベルトラン・バゲットは、ダンロップタイヤを履く2台への警戒を高めているようだ。

スタート直後の多重クラッシュの原因に。大湯都史樹は自身のブレーキングミス認め謝罪

スーパーフォーミュラ第2戦岡山のスタート直後には、3人のドライバーが絡む多重クラッシュが発生した。レース後、当事者たちがその心境を語った。

牧野、SF開幕戦の苦戦は灼熱コンディションが原因と予想「次の岡山はもっと良くなるはず」

牧野任祐は、スーパーフォーミュラ開幕戦もてぎで苦戦した理由は暑いコンディションにあり、今後は問題にならないと考えているようだ。

テスト初日からいきなり3番手! ルーキーの大湯都史樹「今年は一発の速さを見てほしい」

今シーズン、TCS NAKAJIMA RACINGからスーパーフォーミュラデビューを果たす大湯都史樹。富士公式テストでは初日からトップに肉薄するなど、存在感溢れる走りをみせた。

9年ぶりの勝利、中嶋悟総監督「スタッフの喜ぶ顔が何より嬉しかった」

2019スーパーフォーミュラ第4戦富士。チームとしては9年ぶりの優勝を飾ったTCS NAKAJIMA RACINGの中嶋悟総監督が、レースを終えての心境を語った。