F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

アロンソ、将来的なバサースト1000参戦に興味?「今年の最優先はインディ500」

シェア
コメント
アロンソ、将来的なバサースト1000参戦に興味?「今年の最優先はインディ500」
執筆:
2019/03/22 6:51

フェルナンド・アロンソは、将来的にバサースト1000に参戦する可能性について、マクラーレンのザク・ブラウンと話し合ったことを認めた。

 フェルナンド・アロンソは、オーストラリアのマウント・パノラマ・サーキットで行われる伝統的なレース、バサースト1000に参戦する可能性について、マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンと話し合ったという。

 バサースト1000は、その名の通り1000kmのツーリングカーレースであり、現在はヴァージン・オーストラリア・スーパーカー・チャンピオンシップ(VASC/旧V8スーパーカー)の1戦として開催されている。

 ブラウンがVASCに参戦するチーム、ウォーキンショー・アンドレッティ・ユナイテッド(WAU)の共同オーナーであることから、この話が持ち上がったようだ。アロンソは、2018年にデイトナ24時間レースに参戦した際にも、ブラウンの所有するチームに加わった前例がある。

 ブラウンは、アロンソがバサースト1000に参戦することに「非常に興味を持っている」と語り、将来的に彼がWAUの一員としてワイルドカード参戦する可能性を除外しないと述べた。

 そうしたコメントに対してアロンソは、ブラウンとバサースト出場について話し合ったことを認め、近い将来ではないものの、選択肢のひとつとして考えていると答えた。

「ああ、そのニュースは昨日読んだよ!」

 WECセブリング1000マイルレースにトヨタの一員として参戦したアロンソは、そう話した。

「僕はザクと話をした。言うまでもなく彼は(VASCの)チームを持っている。僕たちは象徴的なレースに参戦することについて話した。いつの日か、そうできれば面白い」

「短期的にはそうはならないだろう。間違いない。だが、僕はどんな可能性も否定はしない」

 F1を離れたアロンソは、WECへの参戦やインディ500への再挑戦の他にも、デイトナ24時間での総合優勝、バーレーンではNASCARマシンをテストするなど、様々なカテゴリーに目を向けている。

 さらにはダカールラリー参戦マシンのテストにも興味を示し、トヨタも彼のテスト参加を前向きに考えているようだ。またF1についても、マクラーレンは今年中にアロンソをテストに参加させ、彼のフィードバックを求めることを考えている。

 ただアロンソの最優先目標は、世界3大レースの制覇。つまり彼は5月のインディ500のプログラムに集中しており、他のカテゴリーで激しい競争を繰り広げることは今のところ考えていないという。

「僕は自分が知らないことに挑戦するのが大好きだ」

「学習し、速くなる必要がある。そして、そのカテゴリーのスペシャリストと同じくらい速くなることを目指しているんだ。いつの日かね」

「ロードコースでのNASCARマシンとか、ここ数年で多くのマシンをテストしてきた。マシンの感触に関しては、オーバルでもテストできれば素晴らしいと思う」

「僕が言ったように、将来についてどんなドアも閉めるつもりはない。でも今、2019年に関してはインディアナポリスが唯一の優先事項だ」

次の記事
リカルド、F1引退後にバサースト参戦? 可能性は「50%」

前の記事

リカルド、F1引退後にバサースト参戦? 可能性は「50%」

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Supercars , IndyCar
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム Walkinshaw Andretti United
執筆者 Andrew van Leeuwen