”1200馬力”のトヨタ86、アデレードで1994年のF1マシンと対決!?

アデレードで行われるモータースポーツ・フェスティバルで、1994年のF1マシンであるフットワークFA15と、1200馬力のトヨタ86が対決するようだ。

 今週末に開催されるアデレード・モータースポーツ・フェスティバル(AMF)の目玉イベントとして、1994年のF1マシンであるフットワークFA15とトヨタ86のバトルが行われるようだ。

Retro F1 car - Arrows 1994
フットワークFA15

Photo by: Camille De Bastiani - CdeB DESIGN

 ただし、このトヨタ86は只者ではない。”WTF-86”と呼ばれるこのマシンは、日産のR35GT-Rに搭載されている3,799ccのV6エンジン"VR38"を改造して搭載しているという。そのパワーは1,200馬力ながら、公道走行も可能な仕様とのことだ。

 このレースは12月9日(土)の午後に、1985年から1995年までF1オーストラリアGPが開催されていたアデレード市街地コースのストレートで行われる。

 その他、このイベントにはアロウズA21(2000年)やベネトンB186(1986年)も参加するようだ。

 このイベントのディレクターは「アデレードは、混み合う時間帯に都市の中をレーシングマシンが駆け抜けるのを見ることができる、世界でも数少ない場所のひとつだ」と語っている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Vintage , F1
ドライバー Cameron Waters , Craig Lowndes , Garth Tander , Josh Kean , Tim Slade
記事タイプ 速報ニュース