F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
15 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days

Wシリーズ、1年目の賞金詳細判明。ランク上位12人は翌年の参戦権を確保

シェア
コメント
Wシリーズ、1年目の賞金詳細判明。ランク上位12人は翌年の参戦権を確保
執筆:
, Featured writer
2019/07/18 10:12

Wシリーズは、初年度にあたる2019年の賞金分配額の詳細と、2020年シーズンに向けた初期計画を明かした

 今年5月上旬にDTMと共に開幕した、女性ドライバーが争う『Wシリーズ』。総額150万ドル(約1億6200万円)の賞金分配の内訳が発表された。

 Wシリーズは、女性ドライバーがスキルアップできる場所を確保し、賞金によってステップアップを支援する目的で立ち上げられた。

Read Also:

 Wシリーズの初代チャンピオンには50万ドル、ランキング2位には25万ドル、3位には12万5000ドルが贈られる。

 賞金はリザーブドライバーを含め、シリーズを戦う全てのドライバーに与えられる。

 現在のポイントリーダーはウイリアムズの開発ドライバーを務めるジェイミー・チャドウィック。ランク2位のベイスク・ヴィッセールが10ポイントで追っている。

 日本の小山美姫はこれまでの4レース全てでポイントを獲得しており、ランキング6位となっている。残すは、アッセンとブランズハッチの2レースだ。

 また、来季の参戦ドライバー決定方法についても情報が発表された。

 シリーズ立ち上げ初年度に当たる今年は、3カ月におよぶトライアウトが行われ、参戦ドライバー18人とリザーブの4人が決められた。

 2年目の2020年は、ランキング上位12人が自動的に来季の参戦枠を確保することになる。それ以下のドライバーは、再びドライバー選考プロセスに参加する必要があるという。来季の選考プロセスの詳細はまだ発表されていない。

 つまり、FIA F2選手権やFIA F3選手権とは異なり、チャンピオンを獲得しても”卒業扱い”にはならず、タイトル防衛をすることもできる。

 さらにWシリーズは2020年から、F1参戦に必要なスーパーライセンスポイント付与の対象シリーズとなる。ただ、その付与ポイント数などはまだ発表されていない。

Wシリーズ賞金分配額

ランキング1位:50万ドル
2位:25万ドル
3位:12万5000ドル
4位:10万ドル
5位:9万ドル
(5位から11位は1万ドルずつ減少)
11位:3万ドル
12位:2万5000ドル
13位:2万ドル
14位:1万5000ドル
15〜18位、およびリザーブドライバー:7500ドル

次の記事
Wシリーズ第4戦ノリスリンク:ガルシア初優勝。小山美姫は6位で4戦連続入賞

前の記事

Wシリーズ第4戦ノリスリンク:ガルシア初優勝。小山美姫は6位で4戦連続入賞

次の記事

Wシリーズ第5戦アッセン:小山美姫は接触で悔しいリタイア。タイトル争いは最終戦へ

Wシリーズ第5戦アッセン:小山美姫は接触で悔しいリタイア。タイトル争いは最終戦へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ W Series
執筆者 Lucy Morson