Portugal
イベント

ポルティマオ (2021)

ポルトガル アルガルヴェ
12 6月 - 13 6月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
7 articles
フィルターをクリアにする
ポルティマオ
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

ポルティマオの最新ニュース

グリッド
リスト

トヨタWECチーム、ポルティマオ8時間レース終盤の”チームオーダー”を説明

TOYOTA GAZOO RacingのWECチームは、ポルティマオ8時間レースで7号車と8号車のポジションを2度にわたって入れ替えた理由を説明した。

WECポルティマオ8時間:8号車トヨタが、僚友7号車を抑え連勝。アルピーヌ健闘も3位

2021年シーズンのWEC第2戦ポルティマオ8時間レースが行なわれ、トヨタの8号車が優勝。7号車が2位に入り、トヨタが1-2フィニッシュを果たした。優れたレースペースを見せた36号車アルピーヌが3位に入った。

WECポルティマオ|トヨタ勢、アルピーヌに先行許しPP逃す。決勝レースは接戦を予想

世界耐久選手権(WEC)の第2戦ポルティマオ8時間レースの予選で、TOYOTA GAZOO Racingは2番手と3番手を獲得。ドライバーは共に決勝レースで僅差の戦いになると予想しつつも、勝利をめざすと語った。

WEC第2戦ポルティマオ予選:アルピーヌ、トヨタGR010の2台を下してポールポジション獲得

アルピーヌは、WEC(世界耐久選手権)第2戦ポルティマオ8時間の予選で、トヨタの2台を下し、ポールポジションを獲得した。

WECポルティマオ:FP2はLMP2クラスがトップ3独占、トヨタは8号車が7番手。グリッケンハウスにはトラブル続く

WEC第2戦ポルティマオ8時間レースのフリー走行2回目が行なわれ、LMP2クラスのユナイテッド・オートスポート22号車がトップとなった。

WEC、ポルティマオ戦のBoP変更はグリッケンハウスデビューに伴う”初期調整”。トヨタ「合意されたプロセスの一部」と納得

トヨタは、WEC第2戦ポルティマオ8時間レースを前に行なわれたハイパーカーの性能調整について、不満はないという。

WECポルティマオ:FP1はLMP2のJOTA首位。僅差でアルピーヌ、トヨタ続く。初登場グリッケンハウス12番手

WEC第2戦ポルティマオ8時間レースのフリー走行1回目が行なわれ、LMP2クラスのJOTA38号車がトップタイムをマークした。