WEC

2019-2020 FIA 世界耐久選手権(WEC)第2戦 富士6時間耐久レース:決勝ライブテキスト

シェア
コメント

ライブ担当: Kenichiro Ebii

概要

役職: 中止
01:10 このあたりでライブコメントは終了とさせていただきます。みなさん長時間のお付き合いありがとうございました。
01:09 来季からハイパーカー規定が導入されるため、現行のハイブリッドマシンが富士を走るのはこれで最後。そんな中でトヨタが重いハンディキャップを跳ね除けて有終の美を飾りました。
01:08 LMGTE Amクラスは90号車TFスポーツのアストンマーティンが優勝です。MRレーシング70号車はコッツォリーノがアツいバトルで見せ場を作りましたが、惜しくもクラス4位に終わりました。
01:06 LMGTE Proクラスは95号車アストンマーティンが優勝。ポルシェ勢を下して見せました。
01:06 LMP2クラスの2位はJOTA38号車、3位はジャッキー・チェン・DC・レーシングの37号車となりました。山下健太擁するハイクラスレーシング33号車はクラス5位に終わりましたが、山下は慣れ親しんだ富士で自身のポテンシャルをいかんなく発揮しました。
01:04 LMP2クラスはRTN29号車が優勝! ギド・ヴァン・デル・ガルデのスタートでのジャンプアップ、そしてデ・フリーズの驚速ラップによって素晴らしい追い上げを見せました。
01:03 3位はレベリオン1号車。最終的にトヨタ勢とは2ラップの差がついてしまいました。クラス4位、5位は大きく遅れてチームLNTの2台となりました。
01:01 2位はトヨタ7号車。開幕戦に続いてトヨタのワンツーフィニッシュです。
01:00 チェッカーフラッグ! トヨタ8号車がトップでフィニッシュしました。8号車はFP1から全てのセッションという圧巻のパフォーマンスでした!
00:59 サーキットは暗くなってきました。トヨタがワンツーに向かって順調に走行しています。
00:55 残り5分を切りました!
00:49 コッツォリーノが駆る70号車フェラーリが4番手に浮上しました。
00:48 3時間というロングスティントとなっているコッツォリーノが、クラス4番手の77号車デンプシー-プロトンに襲いかかります。
00:45 ジネッタ6号車は6分間という長い長いペナルティストップを終え、コースに戻っていきました。
00:38 33号車ハイクラス、厳しい戦いとなっています。22号車ユナイテッドオートスポーツにかわされクラス5番手となりました。
00:35 デ・フリーズが猛然とプッシュしていた29号車は、最後のピットを終えて首位でコースに戻りました!
00:35 ジネッタ6号車に6分間ストップという大きなペナルティーが科されました。技術規則の違反とのことですが、詳細は不明です。
00:32 LMP2クラスの首位争いは最後まで目が離せません。LMGTE Proクラスは95号車アストンマーティン、LMGTE Amクラスは90号車TFスポーツがトップとなっています。
00:30 残り時間が30分を切りました。トヨタ勢はワンツー体制を維持してセーフティリードを築いています。
00:24 LMP2クラスはジャッキー・チェン37号車とJOTA38号車がピットインです。これによりRTN29号車がクラス首位に立ちましたが、29号車はもう一度ピットインする必要があると思われます。
コメントを読み込む