アウディ、WEC富士戦での躍進に大きな期待を寄せる

【アウディモータースポーツ】WEC富士6時間レース、プレビュー

10月7日 インゴルシュタット:

 今シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)が、大詰めを迎えています。アジア圏での3大会がわずか5週間の間に開催されるシーズン終盤は、タイトル争いを決着する重要な要素となります。アウディは、マニュファクチャラーズ、ドライバーズともランキング2位を維持した状態で日本でのレースに臨みます。非常に重要な第7戦は、10月16日日曜日、東京から南西およそ100kmに位置する、チャレンジングなレイアウトで知られる富士スピードウェイで開催されます。

 今シーズンのFIA世界耐久選手権は、6時間耐久でありながらスプリントさながらの展開となったレースが数多くありました。ニュルブルクリンク、メキシコ、テキサスでの大会では、最後の1周までスリリングな展開が続きました。アウディのチームとドライバーは、富士戦を特に心待ちにしています。日本のレースファンは耐久レース観戦が好きで、ドライバーへの敬意の念すら感じられます。また多くのメディアもモータースポーツを好意的に取り上げてくれます。その理由のひとつに、多くのアウディドライバーが日本と深い関係を持っていることが挙げられます。ロイック・デュバルとブノワ・トレルイエのフランス人ドライバー2名は、日本で幾年にもわたりレースに出場、多くの好成績を残しています。さらにドイツ人ドライバーのアンドレ・ロッテラーは2003年から東京に拠点を持ち、日本を第二の故郷として数多くのレースに出場しています。

 アウディモータースポーツ代表のDr. ウォルフガング・ウルリッヒは「富士戦は、いつも大きなチャレンジを伴う大会だと思っています。非常に長い直線と複雑なコーナーが組み合わされたコースレイアウトがチャレンジングであることに加え、特殊な天候が大きな要素だと考えています」とコメントしています。アウディスポーツのエンジニアは、2台のAudi R18を富士スピードウェイに合わせ、入念にセットアップしました。1.4kmにもおよぶホームストレートでトップスピードが300km/h以上に達したあと、ミドルセクターでは弧の大きな高速コーナーが連続し、最終コーナーに向けては低速コーナーとシケインが表れます。

 富士山周辺の天候は、非常に変わりやすいことで有名です。2013年には豪雨のためにレースが中止。昨年2015年はマルセル・ファスラー(スイス)がトップを快走し、ロイック・デュバルがファステストラップを記録したにも関わらず、悪天候に阻まれ優勝獲得はなりませんでした。富士戦は、2012年にWECが開幕して以来、アウディが一度も優勝を獲得していない唯一の大会です。Dr. ウォルフガング・ウルリッヒは「富士戦がいかに難しいか、充分に理解しているので、今大会は優勝を獲得したい」とコメントしています。Audi R18のパフォーマンスの高さは、2016年シーズン後半で、大いに証明されています、ニュルブルクリンク、メキシコ、オースティンの過去3レースだけで、Audi R18がライバルをリードして走行した距離の総合計は1,136kmにも達します。

 年間タイトルの行方は、現時点でも確定出来ません。メキシコとテキサスの大会では、ハイブリッドモデルで参加するマニュファクチャラー3社ともに、表彰台獲得という混戦を繰り広げました。

 ルーカス・ディ・グラッシ/ロイック・デュバル/オリバー・ジャービスは、依然としてアウディ勢で最多ポイント獲得のトリオとして、ランキング2位を維持しています。彼らとランキングトップとのポイント差は37.5ポイントありますが、最終戦までの間に獲得可能なポイントは78ポイントも残されています。マニュファクチャラーズ タイトルでは、トップのポルシェを53ポイント差で追う2番手ですが、こちらも残り132ポイントもの獲得可能性が残されています。

 富士6時間レースは10月16日(日曜日)午前11時スタート。アウディが提供するFacebook (AudiSport)ならびにTwitter(@audisport)においてさまざまな情報が提供されます。

FIA世界耐久選手権(WEC)全9大会中6大会終了時点でのランキング
■ドライバーズ ランキング
1:ジャニ/リーブ/デュマ(ポルシェ)130ポイント
2:ディ グラッシ/デュバル/ジャービス(アウディ)92.5ポイント
3:コンウェイ/小林/サラザン(トヨタ)92ポイント
4:ベルンハルト/ハートレー/ウェバー(ポルシェ)78.5ポイント
5:ファスラー/ロッテラー(アウディ)78ポイント
6:インペラトーリ/クライハマー/テュシャー(レベリオン)52ポイント
7:トレルイエ(アウディ)44ポイント

■マニュファクチャラーズ ランキング
1:ポルシェ238ポイント
2:アウディ185ポイント
3:トヨタ137ポイント

【アウディモータースポーツ】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 富士
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ プレビュー