トップイベント

アロンソ、FSWを走る可能性が浮上? WEC富士が日程変更を要求

WEC富士はアロンソの参戦を可能とするため、レース日程を10月14日に変更することを試みている。

シェア
コメント
アロンソ、FSWを走る可能性が浮上? WEC富士が日程変更を要求
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Timo Bernhard, Earl Bamber, Brendon Hartley, #1 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Neel Jani, Andre Lotterer, Nick Tandy
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso
#7 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Thomas Laurent, Mike Conway, #8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso, Sébastien Buemi
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso, Sébastien Buemi
#23 United Autosports Ligier LMP2: Fernando Alonso

 WEC富士6時間レースはフェルナンド・アロンソの参戦を可能とするため、レース日程の変更を試みている。

 2018年WEC富士はF1アメリカGPと同日の10月21日に開催を予定している。しかし、WEC富士を主催する富士スピードウェイは、FIAに対しレースの日程を10月14日に変更できないか要求しているようだ。

 アロンソはF1を欠場しないという条件付きで、マクラーレンF1チームから今季WECに参戦する許可を得てトヨタに加入した。そのためF1とWECの日程が被った場合、アロンソは必然的にF1を優先することとなるが、もしWEC富士の日程が変更されることになれば、アロンソがWEC富士に参戦することが可能となる。

 2017年9月に2018年レースカレンダーの暫定版を発表したWECは、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権プチ・ル・マンのレース日程とイベントが被ることを避けるために、WEC富士戦の日程を変更していた。

 WEC富士を10月14日に開催することとなれば、プチ・ル・マンに参戦する予定だったWECドライバーにも調整を要することとなる。

 現在のところ、WECの広報担当はこの件に対してコメントすることを避けている。

Additional reporting by Kunihiko Akai

トヨタ村田代表「レベルの高い強力なドライバーラインアップになった」

前の記事

トヨタ村田代表「レベルの高い強力なドライバーラインアップになった」

次の記事

アロンソ、アラゴンで2018年仕様のトヨタLMP1マシン初走行

アロンソ、アラゴンで2018年仕様のトヨタLMP1マシン初走行
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 Jamie Klein