アロンソ、トヨタ加入を発表! TS050でル・マンに挑戦

トヨタが今季のWECドライバーラインアップを発表。フェルナンド・アロンソを8号車のドライバーとして起用することを明らかにした。

 トヨタはWEC(世界耐久選手権)2018-2019シーズンのドライバーラインアップを発表。フェルナンド・アロンソが、8号車の一員としてチームに加わることを明らかにした。

”スーパーシーズン”と呼ばれるWECの2018-2019年シーズン。トヨタは今季も、7号車と8号車の2台体制でシーズンを戦うことを明らかにした。

 7号車のラインアップは昨年同様マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの3人。一方、8号車にはセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴に加えて、アロンソが加わることになった。

 アロンソは今年の5月に行われるスパ・フランコルシャン6時間を皮切りに、F1と日程が被らない全戦に参戦することになるという。

 アロンソは今回のトヨタ加入について、次のようにコメントを発表している。

「ル・マン24時間レースに初めて参戦できる事をとても嬉しく思っています」

「ル・マンは以前から参戦を夢見てきたレースです。耐久レースは、F1のようなスプリントレースとは違いますが、デイトナ24時間レースではその一端を経験し、本当に楽しむことができました。耐久レースで豊富な経験を持つセバスチャン、一貴の2人から学びながら、ともにレースをするのが楽しみです」

「短時間で学ばなければいけないことも多いでしょうが、心の準備は出来ています。開幕戦を迎えることを心待ちにしています」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース