【スパイショット】来季WECから参入する新たなLMP1カーがテスト

ロシアのBRエンジニアリングが手がけた新しいLMP1カー、BR1がトラックを疾走。スパイショットでその姿を捉えた。

BR1 LMP1 spy shots
BR1 LMP1 spy shots

Photo by: Spyshot

 プライベーターチームであるSMPレーシングは、2018/19年のWECスーパーシーズンに2台のLMP1カーを投入することを計画している。SMPレーシングと共同で参戦を目指すBRエンジニアリングは2018年に向けてカスタマーバージョンであるBR1を開発中だ。

 BRエンジニアリング/ダラーラ製のシャシーにとってこれが初めてテスト。このテストは無事完了したと報告された。今後もテストを継続し、来年1月に最終的な形が確定する予定だという。

 BRエンジニアリングのオーナーであるボリス・ロテンベルグは、これまでアウディとポルシェが去った後のWECを可能な限りサポートしたいと考えていたと述べた。

「我々はWECに参戦し、サポートしたいと思う」

「この選手権に参戦したいと考えるプライベーターチームにこのマシンを提案する準備ができた。我々は自分たちが使用するのと同じマシンを提供することができ、もしチームが望めばいくつかの設計を変更することも可能だ」

 BR1の公式発表会は近々行われる予定であり、チームの活動内容も報告されるという。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC , Le Mans
チーム SMP Racing
記事タイプ 速報ニュース