ディ・グラッシ、タイトル獲得を諦めず。「”本当の最終コーナー”までプッシュし続ける」

ディ・グラッシは、WECから撤退するアウディへの手向けとして、タイトルの獲得を諦めていない。

 ルーカス・ディ・グラッシは、オリバー・ジャービスとロイック・デュバルと共にドライブするアウディ8号車で、ランキング3位につけている。

 彼は、ランキングトップのポルシェ2号車からは残り2レースで28.5ポイント離されているが、残り2レースの追い上げ次第で、まだタイトル獲得はあり得ると考えている。

「もちろん、それ(アウディWEC撤退)を聞いた時は辛かったけど、アウディは18年間、素晴らしい仕事をしてきたとみんなが同意してくれると思う」とディ・グラッシは、アウディがWECから撤退するとの報を受けて、motorsport.comに語った。

「撤退は難しい判断だけど、全てのモータースポーツの、全てのマニュファクチャラーに、その時は来る。受け入れて、前を向かなければならない」

 タイトル争いに関してディ・グラッシは「僕たちは失うものは何もない。両方のレースに勝って、2号車が5位以下に終われば、僕らがチャンピオンだ」と語った。

「だから、僕たちはそれぞれのレースで(2号車に対して)15ポイント多く獲らなければならない。ここ最近の2号車のパフォーマンスを考えると、不可能じゃないはずだ」

「僕たちはすごく速いマシンを持っている。だから勝って、アウディの黄金時代の幕を降ろすことに集中する」

「撤退するまでに1勝でもできれば、すごく特別なものになるだろうし、みんなにとって素晴らしいことだろう。けど何が起きても、僕らはアウディにとっての最終コーナーまで、プッシュして戦い続けるよ」

「僕たちはアウディに恩義があるし、それがアウディが常にレースでやってきたことだからね」

関連

アウディ、今季限りでのWEC撤退を発表。フォーミュラEに注力

アウディWEC撤退に対し、ACOとWECのCEOがコメント

プジョー、低コスト”ノンハイブリッドLMP1マシン”の実現を提案

WEC富士決勝:トヨタ歓喜の優勝。2014年以来の勝利をホームの富士で達成

ディ・グラッシ「僕らの懸念はトヨタではなく、ポルシェだった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
ドライバー ルーカス ディ・グラッシ
チーム Team Joest
記事タイプ 速報ニュース