デュバル、WEC最終戦バーレーンにG-ドライブから出場決定

デュバルは、今年のWEC最終戦バーレーンにG-ドライブから出場することが決まった。

 ロイック・デュバルは、今年のWEC最終戦バーレーンにG-ドライブ・レーシングから出場することが決まった。

 今シーズンはアウディからDTM(ドイツツーリングカー選手権)に出場していたデュバル。最終戦のバーレーンには、LMP2クラスに参戦する26号車のG-ドライブから出場する。なおチームメイトは、ロマン・ルシノフとレオ・ルーセルだ。

 デュバルは、今週末行われるWEC上海に出場するニコ・ミュラーの代役としてバーレーンに出場する予定だ。その週末にはマカオでFIA GTワールドカップが行われることになっており、ミュラーはこれに出場すため、WEC上海を欠場する。なおミュラーはデュバルの僚友としてアウディから今季DTMに出場していた。

 デュバルのチームメイトとなるルシノフは、「バーレーンでロイック・デュバルとドライブすることになって嬉しい」と話した。

「ロイックとレオ・ルーセルとともに、G-ドライブ・レーシングにとって堂々とベストを尽くしてシーズンを終えたい」

 デュバルがWECのレースに出場するのは、ちょうど1年前のバーレーンで、アウディにとってのWEC最終戦をルーカス・ディ・グラッシとオリバー・ジャービスと共に戦ったとき以来である。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 バーレーン
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー ロイック デュバル
記事タイプ 速報ニュース