トヨタ村田代表「レベルの高い強力なドライバーラインアップになった」

トヨタの村田久武代表が、今季ドライバーラインアップについてコメント。「強力」と念願のル・マン制覇に自信を見せた。

 フェルナンド・アロンソの加入を発表した、WEC(世界耐久選手権)のTOYOTA GAZOO Racing。同チームの代表である村田久武は「強力なラインアップが揃った」とコメントを発表した。

「この2018-19 WECは最大目標であるル・マン24時間レースが2回ある、特別なシーズンになります」

 そう語る村田代表は、新加入のアロンソについて、次のように評価した。

「新加入のフェルナンドはWECではルーキーになりますが、長年に渡るトップレベルでの活躍は周知のことであり、必ずチームに貢献してくれるものと信じています。チーム全員が彼とレースが出来ることを喜んでいます」

「耐久レースではチームの総合力が重要ですが、なかでも今シーズンのドライバーに関してはレベルの高い強力なラインナップとなりました」

 なおアロンソが加入したことにより、長年にわたってトヨタの一員として戦ってきたアンソニー・デビッドソンが、リザーブ兼開発ドライバーに就任するという。

「これまで様々な厳しい状況で活躍してくれたアンソニーには心から感謝の意を申し上げたいと思っています。彼は引き続きチームのメンバーとして、重要な役割をお願いするので、今シーズンも忙しい日々を送ることになります」

 WECの2018-2019”スーパーシーズン”は、5月5日に行われるスパ・フランコルシャン6時間レースで幕を開ける。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース