トヨタ、来季WECプログラムについて未だ評価中。発表は10月中旬か

トヨタは、将来の方向性について発表するのはWEC富士以降になる可能性を示唆する声明を行なった。

 WECは9月序盤に行われたメキシコ戦で、WECの新しい将来計画について発表。そこでトヨタは今後のLMP1プログラムについてコメントすることを避けており、将来の方向性が決定するのはWEC富士になるだろうと示唆していた。

 TOYOTA GAZOO Racingは、WEC富士前に行った声明の中で"必ずしも"今後の計画が発表されるとは限らないと示している。

 声明は以下の通りである。

「現在トヨタ自動車は、今後のLMP1プログラムについて、全出資者と話し合いを進めている」

「話し合いはメディア報道や内容の精度などが主題となっており、10月中に最終決定を行うものとする。よって必ずしも富士のイベント中に行われるとは限らない」

 通常であれば、トヨタは10月後半までに来季WECの参戦可否を表明することになる。つまりプログラムが継続されるかどうかは、10月末か11月序盤までは公式通知されることはない。

 TMG(独トヨタ・モータースポーツ)は、プログラムは来季も継続されると仮定して、すでに来季用のTS050ハイブリッドの開発が進めていると考えられる。

 トヨタが評価しているのは来季の"スーパーシーズン"への参戦可否だけであると考えられている。

 LMP1クラスのレギュレーションの方向性は未だ定まっていないが、先週パリで行われたメーカーによる会議とテクニカルワーキンググループによる会議の開催によって、進捗があったようだ。

 これまでトヨタは2018年シーズンも参戦を継続するとコミットしていたが、ライバルであるポルシェが今季をもって撤退するため、プログラムの再評価を行なっている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 富士6時間
サーキット 富士スピードウェイ
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース