トヨタ、2018年オートサロンに”スポーツカーコンセプト"を展示

トヨタはTOKYO AUTO SALON 2018に『GRスーパースポーツコンセプト』を出展することを発表した。

 TOYOTA GAZOO Racingは、2018年1月12日~14日に幕張メッセ(千葉市)で開催されるTOKYO AUTO SALON 2018に『GRスーパースポーツコンセプト』を出展することを発表した。

 今年の秋口、TOYOTA GAZOO Racingとしてトヨタのモータースポーツ活動を担うGAZOO Racing companyは、ロードカーブランドである『GRシリーズ』を発表。今後トヨタのモータースポーツ活動を継続させるために、モータースポーツで培った知識を用いた市販車ラインアップを充実させていくと明らかにしていた。

 そのTOYOTA GAZOO Racingは、モータースポーツ活動で培われた技術のフィードバックの一つの形として「WECへの参戦活動が生かされたコンセプトカー(GRスーパースポーツコンセプト)」を展示する。

 その展示車両について、GAZOO Racing companyの友山茂樹プレジデントは、「トヨタが今後どのようなスポーツカーを作っていくのかというものの頂点を示したい」と語っている。

 なお、今回の出展テーマは「Meister’s Workshop(マイスターズワークショップ)」とし、様々なモータースポーツへの挑戦と、その挑戦から生み出された数々のクルマを紹介するという。

 出展車両は、ヤリスWRC、TS050 HYBRIDなどのモータースポーツ参戦車両に加えて、市販車として86GRや国内150台限定販売のヴィッツGRMNも展示するという。 

 また、5月に開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦車両を披露。12日(プレスデー)には参戦ドライバーも発表される。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース