トヨタ、2018年仕様のTS050Hybridをアラゴンでテスト

トヨタは最新型のTS050Hybrid最初のテストを、スペインのアラゴン・サーキットで行った。

 トヨタはスペインのアラゴン・サーキットで改良版のTS050Hybridのテストを実施。セバスチャン・ブエミとマイク・コンウェイがステアリングを握り、3日間にわたるプログラムを消化した。

 トヨタの広報担当者は、motorsport.comに対して次のように語った。

「良いスタートを切ることができました。多くの距離を走ることができ、懸念となりそうなことはありませんでした」

 トヨタは、ポルシェがLMP1クラスから撤退したのに伴い開発計画を中止。そのため、今回走行した第3バージョンのTS050Hybridは、これまでのマシンを外観の違いはほとんどない。広報担当者曰く、今回のマシンは”従来のマシン(キャリーオーバー・カー)”であり、2017年仕様のマシンにマイナーアップデートを行っただけのものだったようだ。

 トヨタは来月再びテストを行う予定にしている。

 WECスーパーシーズン及びル・マン24時間レースのエントリーリストは、2月9日に発表される。トヨタはこれに先立ち、2月上旬にも2018-2019シーズンのドライバーラインアップを発表する予定であるが、これまでと変わらないラインアップで新シーズンに挑むことになるようだ。

 昨年の11月にバーレーンでトヨタTS050Hybridをテストしたフェルナンド・アロンソが、ル・マン24時間参戦に向けトヨタと契約を交わしたかどうかについては、依然として不明なままである。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース