トヨタ、オースチンでの敗因は"タイヤの使い方"のばらつきであると分析

TMGの村田久武は、WECオースチンでの敗因は"ドライバーごとのタイヤの使い方"にあったと分析している。

 先週行われたWEC第6戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レース。現地時間正午から行われた決勝は、気温31度以上の快晴と非常に暑いコンディションとなった。

 その予選でライバルのポルシェに今季最大のタイム差をつけられたトヨタ陣営だったが、決勝の前半ではポルシェに食らいつき、順位を何度も入れ替える接戦をみせていた。しかし、レース後半でも安定したペースを維持するポルシェにトヨタは突き放され、第5戦メキシコシティに引き続き3-4位でレースを終えることとなった。

 今回のレースの課題は"ドライバーごとのタイヤの使い方"にあったとTMG(トヨタモータースポーツGmbH)社長兼チーム代表である村田久武は分析している。

 今季これまでのレースではドライバーが2スティント連続でドライブを担当するのがトヨタの主流であった。しかし気温31度以上のオースチンではドライバーが2スティント連続で走行することがレギュレーション上許されなかった。さらにトヨタはタイヤを2スティント連続で使用する戦略を採ったため、ドライバー達は同じタイヤをシェアするという、今までとはイレギュラーなレースをすることになった。

「今回のダウンフォースはちょうど良かったと思います。トヨタの最大限のダウンフォース値とコースの組み合わせは大体いいところまで来ていました。あとは高温時のタイヤの使い方ですね」と村田。

「レースが31度以上になった場合、1スティントで交代しなければならないというレギュレーションがあり、さらに我々はタイヤを2スティントで回してマネジメントする予定でした。それによって2スティント目のタイムと比較して1スティント目が期待よりも速くなかったり、一方2スティント目がかなり遅かったりました。ちょうど3時間目くらいのところが我々の天王山で、あそこでグッと(ポルシェに)離されて、それが最後まで続いちゃったって感じですね」

「3時間目くらいまでは温度もちょうど良かったんですが、残りの3時間は温度が高くなりました。そこでのそのドライバーごとのタイムの踏ん張りが若干こらえきれなかったって感じです。だから(問題は)タイヤ自体というよりも、ドライバーそれぞれのタイヤの使い方だった。スティントごとのタイムのばらつきが少し大きかったです」

 レース前半ではコーナーでポルシェと互角のバトルを興じていたトヨタだが、ストレートでポルシェに置いて行かれていた印象があった。それについて村田は次のように説明した。

「(小林)可夢偉なんかのオンボードを見てても、すごくコーナーを切り取って走ってたからものすごく速かった。47秒台とかも出てましたし」

「(ストレートで差がついていたように見えたのは)ポルシェとトヨタでブーストのスケジュールが違うからです。ポルシェはセクター2のターン11からドーンとブーストを使っていました。それだけの差です。最高速の差は全く関係ありません」

母国戦フジ

 ル・マン24時間での敗北から、ニュル戦やメキシコ戦でのダウンフォース不足やオースチン戦の高温に悩まされ、2号車ポルシェに4連勝を許してしまっているトヨタ陣営。しかし次戦富士に対してはどうだろうか。

「(フジ戦に対して)何かが足りないという訳ではもうありません」と村田は語る。

「(オースチンではメカニカル的な部分での)問題は何もありませんでした。富士はこれまでよりダウンフォースがいりませんから(ダウンフォースの)問題はなくて、あとはタイヤですね。気温が31度を超えることはないでしょうから、普通にドライバーが2スティント連続で走ることになると思います。普段ドライバーは2スティント分自分がタイヤを使うからマネジメントして走るんですね。ただ今回のオースチンではドライバーが1スティントで変わってしまったので(マネジメント)できなかった」

 ホモロゲーション上、母国戦で"スペシャル仕様"のエアロやエンジンを搭載することは不可能だ。よってレースはセッティングにかかっていると村田は言う。

 昨年のフジでは僅差で優勝を果たしたトヨタ。今季も母国戦で流れを作ることができるだろうか。WEC富士6時間レースは約1ヵ月後の10月15日に行われる。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 オースティン
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
記事タイプ 速報ニュース