ドラゴンスピード、2018/19年よりLMP1クラス参戦。シャシーは未定

ドラゴンスピードは、2018/19年の”スーパーシーズン”からWECのLMP1クラスに出場することを発表した。使用するシャシーは未定だという。

 ドラゴンスピードは、2018/19年の”スーパーシーズン”から世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスに出場する。

 今シーズンのELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)のタイトルを獲得したドラゴンスピードは、2018/19年の『スーパーシーズン』よりLMP1クラスに参戦することを発表した。なお使用するシャシーに関してはまだ発表されていない。

 ドライバーは、これまで2年間ドラゴンスピードからレースに出場していたベン・ヘンリーと、ヘンリック・ヘッドマンを起用することが発表されている。

 ドラゴンスピードのチーム代表を務めるエルトン・ジュリアンは、以下のように述べた。

「これまで、GT3とLMP2でスポーツカーのタイトルを獲得してきました。非常に才能があり、やる気を持っている我々のクルーの次なる進歩は、LMP1へのステップアップです」

「ドラゴンスピードのために我々が求めている改善や成功をもたらすことができるプログラムをやり遂げることを手助けしてくれる、そのような潜在的なパートナーを注意深く調査してきました」

 またチームは、シャシーや搭載予定のエンジンのオプション、また3人目のドライバーを評価しているところだと明かした。

 ドラゴンスピードのシャシーの選択肢としては、メカクローム社製のエンジンを搭載できるよう設計されたジネッタか、ダラーラとBRエンジニアリングの共同開発のシャシーがある。またチームは、ELMSでもシャシーを使用してきたオレカとも近い関係にあるという。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
ドライバー Ben Hanley , Henrik Hedman
チーム ドラゴンスピード
記事タイプ 速報ニュース