レベリオン、2017年シーズンはLMP2クラスに変更

シェア
コメント
レベリオン、2017年シーズンはLMP2クラスに変更
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
2016/10/07 4:27

レベリオン・レーシングは、2017年シーズンからLMP2クラスに活動の場を移すことを決めた。

#13 Rebellion Racing Rebellion R-One AER: Matheo Tuscher, Dominik Kraihamer, Alexandre Imperatori
#13 Rebellion Racing Rebellion R-One AER: Matheo Tuscher, Dominik Kraihamer, Alexandre Imperatori
#13 Rebellion Racing Rebellion R-One AER: Matheo Tuscher, Dominik Kraihamer, Alexandre Imperatori

 レベリオンはこれまでWEC(世界耐久選手権)のLMP1クラスに参戦。そのプライバーター部門で5年連続チャンピオンを獲得している。しかし、現在では同部門唯一の参戦マシンとなってしまっていた。

 今季はじめにはレベリオンが2台のマシンを走らせ、さらにはバイコレスのマシンが1台参戦していた。

「メーカーの開発によりLMP1のボーダーラインが著しく押し上げられた。そして、過去7シーズンにおけるプライベーター参入のために7シーズンそのメインの旗手を務めた後、来年レベリオン・レーシングは、新しいスタイルとなるLMP2クラスに移る」

 声明ではそう語られている。

 なおレベリオンが来年LMP2クラスに参戦するために、どのシャシーを使うのかはまだ確認されておらず、さらにはマシンの台数、そしてどの選手権に参戦するかも、まだ言及されていない。

「新しい仕様のマシンが登場する来季のLMP2は、非常に刺激的な時間である。これにより、世界中の全てのスポーツカー選手権に参戦することかできるようになる。シャシーのサプライヤーについては、まだ決まっていない」

「新しいLMP2マシンは、現在のクルマよりも大幅に速くなると予想される。そしてチーム同士、マシン同士の、レベルの高い競争になると思われる。このチャレンジは、レベリオン・レーシングにとって非常に魅力的である」

次の WEC ニュース
WEC第7戦富士6時間耐久レース、チケットプレゼント!

前の記事

WEC第7戦富士6時間耐久レース、チケットプレゼント!

次の記事

中嶋一貴「失うものはない。全力で戦う」:TOYOTA WEC富士プレビュー

中嶋一貴「失うものはない。全力で戦う」:TOYOTA WEC富士プレビュー
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
執筆者 Valentin Khorounzhiy
記事タイプ 速報ニュース