中嶋一貴今季4勝目「自分のスティントは全く良いところがなかった」

今季のWECで4勝目を挙げた8号車トヨタ。ドライバーのひとりである中嶋一貴は、「自分自身に良いところはなかった」と語った。

 FIA世界耐久選手権(WEC)第8戦上海6時間レースの決勝が行われ、8号車トヨタTS050 Hybridが勝利を収めた。

 8号車トヨタは3番グリッドからスタート。レース序盤こそペースが上がらず、2号車ポルシェ919 Hybridに抜かれ4番手に後退するシーンもあったが、すぐにペースを上げて2台のポルシェをパス。僚友の7号車と共にトヨタ1-2体制を築き、レースの大半を首位で走り切りトップチェッカーを受けた。

 今回のレースで、2号車ポルシェのティモ・ベルンハルト、ブレンドン・ハートレー、アール・バンバーの3人が、2017年のドライバーズタイトルを決めた。8号車トヨタのセバスチャン・ブエミと中嶋一貴のふたりは、タイトルの可能性を残して上海でのレースに臨み優勝を果たした。しかし、2号車ポルシェは2位に入り、自力でタイトル獲得を決めた。

「正直、どのみち難しい話だったので、そこはそれほど意識していませんでした」

 中嶋一貴はレース後にそう語った。

「最終戦に(タイトルに挑戦する)可能性が残せるのに越したことはなかったですけど、そこはそんなに意識していませんでした」

 タイトル獲得こそ逃したものの、8号車トヨタはこれで今季4勝目。2号車ポルシェと勝利数では並ぶことになった。その上、今回はこれまでにないほどの圧勝劇。ライバルに1周の差をつけてフィニッシュした。

 チームのテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、今季用エアロパーツの開発を継続していると明かし、今回の上海にも新パーツが持ち込まれていると語った。その上で、7号車と8号車のセットアップを共有することを強化したと、中嶋は語る。

「改良してもらったところは、良い方向に行っています」

 そう中嶋は語る。

「いつもは(7号車と8号車の)セットアップは全然違うところからスタートするんです。でも今回は早めに(8号車の)セットアップを7号車に合わせました。レースペースは同じレベルで戦うことができたので、チームとしては上手くレースができたかなと思います」

 勝利を収めたとはいえ、中嶋自身としては納得のいかない内容だったようだ。中嶋は次のように語る。

「硬いタイヤの方が良かったということで、そのタイヤでスタートして、アンソニー(デビッドソン)もそのまま硬い方のタイヤで行きました。僕のタイミングからは柔らかい方を使ったのですが、それで最後まで行ったという感じです」

「正直、自分のスティントは全く良いところがありませんでした。もう少しタイヤを上手く使わなきゃいけなかった。ひどいトラフィックが何回かあったので、それでも10秒くらいロスしていたと思います。そういうところからも、個人的には良い気分じゃないです」

「でも、結果としてちゃんと勝てたので、そこは良かったと思います」

 特にコース上のタイヤカスには大いに苦労させられたと中嶋は語る。

「マーブル(タイヤカス)は大変でした。二度と経験したくないくらい。走行ラインは決まってしまいますが、それでも(周回遅れのマシンを)抜かなきゃいけないし、避けなきゃいけないんで……だからどうしても(タイヤカスを)拾ってしまいますよね」

「(一度タイヤカスを拾ってしまうと)全然グリップしないです。そういう時には、敢えて待つことも必要なのかなと思いますね」

取材/赤井邦彦

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 上海6時間
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー 中嶋 一貴
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース