来日した俳優のパトリック・デンプシー、WEC富士のスタートフラッグを担当

WEC富士のスタートフラッグは来日したパトリック・デンプシー、さらにゴールフラッグマーシャルは松田次生が務めることが決定した。

 ハリウッドのスーパースターであり、FIA 世界耐久選手権への参戦で知られるパトリック・デンプシー氏が、 15 日(日)午前10時からの決勝レースでスタートフラッグを振るグランドマーシャルを務めます。 

 デンプシー - プロトンレーシングのチームオーナーでもあるパトリック・デンプシー氏にとって、 富士スピードウェイは、2015 年の同大会の LM-GTE Amクラスで自身が優勝を飾った特別な場所 です。デンプシー氏はその年のル・マン 24 時間レースでも表彰台を獲得するなど、彼のモータースポーツにおけるキャリアの中で、2015 年は最も輝かしい実績を残した年となっています。 

 デンプシー氏は、デンプシーセンター(※)による「ガン募金」活動を支援する「デンプシーチャレンジ」 のプロモーション活動のために来日しています。 

 来日中、デンプシー氏は彼の日本での優勝についてのフィルム撮影をはじめ、レース期間に開催されるイベントへの参加や、チームの若手ドライバーへの指導などを行う予定です。

「ピンクリボン財団」によって始められた「乳ガン啓発月間」にあたり、同活動への関心を喚起する ため、デンプシー-プロトンレーシングの Porsche 911 RSR(991)の 77 号車には、本大会期間中、 「ピンク」を色調としたカラーリングが採用されています。 

 なお、この決定に伴い、松田次生選手の担当は、 「ゴールフラッグマーシャル」となりました。こちらにもぜひご注目ください。

※デンプシーセンター:パトリック・デンプシー氏が設立した米国メイン州にあるガン治療施設 

【富士スピードウェイリリース】

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース